妻への恋文|MOVIE WALKER PRESS
MENU
妻への恋文
妻への恋文

妻への恋文

1993年4月29日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

平凡な結婚生活に倦怠感が訪れた夫婦の“恋”の駆け引きを描く恋愛コメディ。監督・脚本は、フランス軽演劇界の演出家、劇作家として、また国民的喜劇俳優としても知られるジャン・ポワレで、この作品が監督デビュー作であったが、一九九二年三月心筋梗塞で死去し遺作となった。製作は「髪結いの亭主」のティエリー・ド・ガネー。エクゼクティヴ・プロデューサーはモニーク・ゲリエ。アレクサンドル・ジャルダンの同名小説をもとに、ポワレと多才な俳優としても知られるマルタン・ラモットが共同で脚色。撮影はエドゥアルド・セラ、音楽はジャン・クロード・プティが担当。主演は「フレンチ・コップス」のティエリー・レルミット、ポワレ監督の内縁の妻でもあった「サロメの季節」のカロリーヌ・セリエ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イッポリート・ペシュラル(ティエリー・レルミット)は40代の公証人。妻カミーユ(カロリーヌ・セリエ)は高校の国語教師である。結婚後15年になりふたりの子供に恵まれているが、ある種の倦怠ムードが漂い始めていた。危機を感じたイッポリートは、妻との情熱的な関係を取り戻そうと決心し、匿名の恋文をカミーユに送り始めた。知らず知らず手紙を心待ちするようになったカミーユは、手紙の主からの呼び出しに応じ、指定のホテルへ出かける。しかし「まだダメだ」というメッセージが届き、翌日、同じホテルの部屋の鍵が届けられた。部屋で待つカミーユに背後から男の影が忍び寄り、カミーユに目隠しをした。情事の後、男は顔を見せずに去って行き、数日後「カフェで待っている。赤いマフラーをしているのが僕だ」という手紙が届いた。男の正体がイッポリートだったことを知り驚き、怒ったカミーユだったが、夫の想いを知り、ふたりには熱い情熱が再生したかに見えた。しかしイッポリートはカミーユと出かけた旅先で、突然姿を消してしまった。彼は死んでしまったのだ、と考えた家族たちが葬儀を行う最中に、カミーユをホテルに呼び出す例の手紙が届いた。カミーユがホテルに行くと、イッポリートの友人がいて、彼に頼まれたというビデオテープを渡される。再生したテレビ画面の中には、君との愛を永遠にしたかった、と言うイッポリートの姿があった。

作品データ

原題
Le Zebre
製作年
1992年
製作国
フランス
配給
ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間
0分
製作会社
ランベール・プロ=TF1フィルムズ・プロ

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?