伴奏者|MOVIE WALKER PRESS
MENU

伴奏者

1993年6月26日公開,112分
  • 上映館を探す

第二次大戦中のヨーロッパを背景に、オペラ歌手の伴奏者となった少女の成長を描く青春ドラマ。ニーナ・ベルベローワの原作(河出書房新社・刊)をもとに、「小さな泥棒」のクロード・ミレールが監督・脚色した作品で、彼の四年振りの作品となった。製作は「めぐり逢う朝」のジャン・ルイ・リヴィ。撮影は同作でセザール賞を受賞したイヴ・アンジェロ。音楽監督は「なまいきシャルロット」のアラン・ジョミイ。主演は「野性の夜に」のロマーヌ・ボーランジェ、「黒い瞳(1987)」のエレナ・ソフォーノワ(劇中の歌はローランス・モンティロールが吹き替え)、ロマーヌの父親で「コックと泥棒、その妻と愛人」のリシャール・ボーランジェ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一九四二年の冬。ドイツ軍占領下のパリ。二〇歳のソフィ(ロマーヌ・ボーランジェは憧れのオペラ歌手イレーヌ(エレナ・ソフォーノワ)のピアノ伴奏者となった。ソフィはイレーヌの愛人ジャック(サミュエル・ラバルト)に恋心を抱く。コンサートは大成功だったが、観客の賞賛はイレーヌだけに集まり、ソフィはイレーヌを愛しながらも、同時に憎しみを覚えるようになる。イレーヌが戦時下でもコンサートが開けるのは、夫シャルル(リシャール・ボーランジェ)がヴィシー政府の高官やドイツ軍将校と交流があるためだった。そのためイレーヌは親独政府の招きでヴィシーへ旅立つ。一方、シャルルは密かに親独政府に憎悪を抱き、アルジェリアへの逃亡を企てていた。しかしイレーヌはロンドン行きを主張し、妻を愛するシャルルは危険を承知でロンドンに向かった。ソフィは夫妻と同行し、スペイン国境からピレネー山脈を越え、ポルトガルの漁港へ。密航の途中、ソフィはフランス人青年ブノワに出会い、彼の誠実な人柄に心を動かされていった。ようやくイギリス行きの船は出帆し、三人はロンドンに到着。活動を再開したイレーヌはBBCラジオに出演、大評判を得る。だが、その陰に隠れたままのソフィは、自分自身に対するいらだちを募らせていった。そんな折、ソフィはイレーヌと愛人ジャックとの逢引の現場を見てしまう。妻の不貞を疑い、苦悩するシャルルと、イレーヌとの間で板ばさみになるソフィ。やがてシャルルは自殺。戦争も終結し、イレーヌはジャックとともにアメリカへ。ソフィ一人、フランスへと帰って行くのだった。

作品データ

原題
L'Accompagnatrice
製作年
1992年
製作国
フランス
配給
ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
上映時間
112分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?