セクシリア:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
セクシリア
セクシリア

セクシリア

1995年10月7日公開,99分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ニンフォマニア=淫乱症の女をめぐるセクシャルなスクリューボール・コメディ。監督・脚本は「キカ」のペドロ・アルモドバルで、タブーに縛られず、さまざまな形態の性を描き常に話題を呼ぶ彼の初期作品。当時の常連スタッフが参加。撮影は「バチ当たり修道院の最期」「欲望の法則」などで彼と組んだアンヘル・ルイス・フェルナンデス、音楽はアルモドバルの盟友ベルナルド・ボネッツィ、編集はホセ・サルセド、美術はアンドレス・サンタナ、録音はマルチン・ムリェーがそれぞれ担当。出演は「バチ当たり修道院の最期」などアルモドバルの初期作品の常連セシリア・ロス、『カミーラ』のイマノル・アリアス、本作がデビュー作となった「愛よりも非情」のアントニオ・バンデラスのほか、エルガ・リネ、フェルナルド・ビバンコ、マルタ・フェルナンデス・ムロ、オェリア・アンジェリカなど。監督アルモドバル自身も、自身のロック(?)・バンド“アルモドバルとマクナマラ”で出演、挿入歌『Suck it to Me』『Gran Ganga』を歌っている。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

欲望と情熱が渦巻く街、スペインはマドリッド。ロックバンドのメンバーにしてニンフォマニア=淫乱症の女、セクシリア(セシリア・ロス)は、知的でハンサムなくせにセックスは嫌いな、人工受精の権威、ドクター・ペニャ(フェルナルド・ビバンコ)を父に持つ。ある日、そんな父のもとに国乱の国家ティラン国の元皇后で陰謀をめぐらす美貌の女トラヤ(ヘルガ・リネ)が相談に訪れる。一方、マドリッド亡命中の同国の皇太子リサ(イマノル・アリアス)はゲイ、変装してジョニーと名乗り恋人探しの毎晩。その恋人の中には偶然、ティラン国の反皇帝派にして彼の誘拐をもくろむ男サデック(アントニオ・バンデラス)がいた。ある夜、セクシリアはクラブ・カロリナでバンドに飛び入りしたリサに会い、彼の元へ走る。一方、皇帝の精液を入手する計画が頓挫したトラヤと、リサ誘拐を実行した反皇帝派が彼に迫る。しかし、セクシリアは友人で父のレイプに毎夜悩むケティ(マルタ・フェルナンデス・ムロ)の助けを借りて奇想天外の脱出計画を図るのだった。

作品データ

原題
Laberinto de Pasiones Sexllia
製作年
1982年
製作国
スペイン
配給
クレストインターナショナル
上映時間
99分
製作会社
アルファビル

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?