映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史|MOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史

1981年3月14日公開,91分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

はるか宇宙の彼方の星でくり広げるドラえもんとのび太の冒険を描く。「コロコロコミック」「てれびくん」に連載中、テレビ朝日系でTV放映中で映画化第二作目。原作・脚本は「ドラえもん のび太の恐竜」の藤子不二雄、監督は西牧秀夫、撮影は小池彰と高橋明彦がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

超空間のもつれで、偶然、のび太の部屋の下が、宇宙の星コーヤコーヤの入口になっていた。コーヤコーヤに降りたのび太とドラえもんは、洪水で流された宇宙船をさがすロップルと星猫チャミーの一家に会った。タケコプターで土に埋れた宇宙船を発見してやるドラえもん。ある日、二人はジャイアン、スネオ、しずかを誘ってコーヤコーヤへ案内した。みんな重力の小さい星でとびはねて大喜びだ。この星のエネルギー源ガルタイト鉱石をひとりじめにして大もうけを企む会社があった。そして、星を無人にして星全体を爆発させ、宇宙空間に散らばった鉱石を拾い集め、手間をはぶこうとしていた。そのため、住民を追い出そうといやがらせを繰り返し、ロップルの父親も殺されてしまった。彼らは星に時限爆弾を仕掛けた。チャミーから危機を知らされたしずかたちは悪人たちに向かう。重力の小さなこの星で地球人はスーパースターだ。バットで巨大な石をボールのように打ちまくる。ドラえもんも、四次元ポケットから出したジャイロカプセルで大暴れ。のび太の射的の腕も役に立った。激戦の末、みんなの大活躍で悪人たちをやっつけることができた。

作品データ

製作年
1981年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
91分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?