風の歌を聴け|MOVIE WALKER PRESS
MENU

風の歌を聴け

1981年12月19日公開,100分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

夏休みに、生まれ故郷の海辺の街に帰省した主人公の大学生と、馴染みのバーでの旧友との再会や、女の子との出会いを描く。七十九年度『群像』新人文学賞を受賞した村上春樹の同名の小説の映画化で脚本・監督は「ヒポクラテスたち」の大森一樹、撮影は渡辺健治がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ドリーム号で神戸までと言うと、受付の男は怪訝そうな顔をした。今、東京から神戸まで行くバスはない。十年前の夏休み二十一歳の“僕”は神戸、三の宮駅前をドリーム号から降りた。僕は昔馴染みの「ジェイズ・バー」に入って行くと、ジェイは「お帰り、友だちが待ってるよ」と言う。指さす方を向くと「春休みからずっと待っていたんだ」と酔った“鼠”がフラついた足どりでカウンターにやってきた。ビールを飲んで再会を祝う二人。僕と鼠の出会いは、二人が鼠の運転する車に乗っていて横転したときだ。怪我一ツなかったツキを大切にしようと二人はコンビを組んだ。鼠の家は大金持ちで、彼は今、大学を退学している。数日後、僕はジェイズ・バーで飲み過ぎて倒れている女を家まで送って行った。翌朝、女は同じ部屋にいる僕に「酔った女に手を出すなんて最低」と言う。「何もしていない」との僕の言葉をてんで信じない。僕に放送局から電話が入った。DJが言うには“ビーチ・ボーイズ”の「カリフォルニア・ガールズ」を僕にプレゼントのリクエストした女の子がいると言う。高校時代、クラスメイトにそのレコードを借りて返していないことを思い出した僕はレコード店に入った。その店にあの女がいた。女と僕は次第に打ちとけていく。僕はかつて三人の女と寝たことがあり、その場面を思い出した。女には小指がなく、それが双子の姉と唯一の区別になっていると言う。父を憎み、金持ちを嫌う鼠は、8ミリ映画を作っている。夏休みが終りに近づく頃、鼠の様子に変化が現れてきた。ジェイは「みんな帰る所があるけど、鼠にはそんな場所がないんだ」と言う。夏の終り、それは僕には青春の終りのような予感がする。その秋、鼠から「土掘り」を描いた8ミリが送られてきた。十年後の今、僕はジェィの店に行くが、そこは誰もいない廃虚となっていた。

作品データ

製作年
1981年
製作国
日本
配給
ATG
上映時間
100分

[c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.5
  • rikoriko2255

    水口栄一

    5.0
    2021/1/28

    風の歌を聴けを観た。私は神戸が大好きで三宮は庭のような所だった。また村上春樹さんのファンでもあったことから、この映画はとても興味深かったのだ。これはひじょうに心地よい作品だと思った。もう何十年も前の遊びまくっていた時代が鮮やかに甦ってきた。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2011/7/13

    その中の貴重な一本。主演は小林薫だし、監督は大森一樹だし、問題はないと思うけど・・・。 村上春樹はその著書で自作の映画化に反対の理由として、「それは自分の書いた科白がそのまま音声になるのが耐えられないからです。」と言っている。(「翻訳夜話」) おそらく春樹は完璧主義者なので、自分で映画用に脚本を書きおろしたものではないと「耐えられない」のではないか、と思う。監督がスピルバーグでも拒否する、という噂まで流れた。 真行寺君枝は、本当に良い役で、小指の生えてくるエピソードにはぞくぞくするけど、その後公私共にうまく行かなかったようで、残念です。 坂田明のとぼけた味が全体を救っているね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告