宇能鴻一郎の濡れて騎る|MOVIE WALKER PRESS
MENU

宇能鴻一郎の濡れて騎る

1982年1月8日公開,67分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

結婚して数年たつ、欲求不満の人妻のセックス・ライフをコミカルに描く。脚本は池田正一、監督は「婦人科病棟 やさしくもんで」の鈴木潤一、撮影は「セクシープリン 癖になりそう」の米田実がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

結婚して数年たつヨーコは、夫が堅物でセックスが弱く欲求不満の毎日。コンドームのセールスマンなんかが来ると、つい商品を試して楽しんでしまう。ある日、夫が網走営業所に左遷させられそうだと言う。その頃、いとこの順平君が受験で上京して来るが、ヨーコの下着を盗んだり、電車の中で知り合った昌子を部屋に連れこんだりで、彼女は刺激されっぱなし。数日後、ヨーコは友人のヤス子さんと御主人から、スワッピングの誘いを受けた。帰宅すると、順平と昌子のセックスを覗き見して興奮する主人に、ヨーコはスワッピングの話をすると、なんとOKの返事。当日、ヤス子さん夫婦と連れだって、滝沢さんという三星商事の重役夫婦の別荘にヨーコたちは出かけた。滝沢さんの奥さんは、数日前、ブティックで万引しているのを見つかって、店員に暴行されかかり、ヨーコが助けた人で、二人はすぐに親しくなった。そして、三星商事と言えば、主人がライバル会社に取られた取引会社だった。ヨーコは滝沢さんの奥さんに頼んで、取引を再開してもらうことにした。それから三組によるスワッピングが始まり、ヨーコの主人も、悩みが晴れて、大ハッスル。

作品データ

製作年
1982年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
67分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?