ジェラシー・ゲーム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジェラシー・ゲーム

1982年8月6日公開,84分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

北海道を舞台に、三十代の夫婦と二十代のカップルがささいなことから入れ替ってしまう関係を描く。脚本は「ザ・レイプ」の田中晶子、監督も同作の東陽一、撮影も同作の川上皓市がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

駿河新一、晴子の夫婦は経営する喫茶店を休業して、オートバイで北海道を旅していた。二人の脇を、親に内緒でドライブをしている若いカップルの衛児と陽子が通り抜けた。新一と晴子が河原で休んでいるとき、新一は晴子がコーヒーをいれたのを忘れて、自分でコーヒーを作って飲んでしまい、彼女は気分を害してしまう。新一はいつまでも怒り続ける晴子を残して一人で出発した。暫く走ると、道路に陽子が倒れているのを発見し、彼女を後に乗せてまた走り出した。陽子は衛児に棄てられたと言う。一方、晴子は衛児にひろわれ、ドライブインに食事に入った。そこへ、新一と陽子が現れ、奇妙な組み合せに、二組は重い沈黙に包まれた。その晩、新一と陽子はテントの中で体を重ねた。一方、晴子と衛児もホテルで関係を結ぶが、若さでアセる衛児に、晴子は疲れるだけだった。翌日も二組は、相手を憎みながら走り続けた。暫くして、晴子はラジオで自動車事故を起こしたカップルが死亡したことを聞いた。それは、新一と陽子らしく、晴子と衛児は病院に駆けつけるが、事故死したのが二人でないことを知り、ホッとする。当の新一は、晴子とそろそろヨリを戻すべく、旅行スケジュールの通り、札幌のホテルに向った。部屋で晴子を待っていると、陽子が入って来た。そのとき、テレビのニュースが、晴子と衛児が事故死したことを報じていた。茫然とする新一に、陽子は、これから二人で生きようと言うかのように笑みを浮かべた。新一は陽子を振り切るように部屋を出ると、バイクをスタートさせるのだった。

作品データ

製作年
1982年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
84分

[c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    矢口渡

    3.0
    2019/10/6

    東陽一監督は、女性を撮るのがうまく、サードの森下愛子さんや、四季奈津子の烏丸せつこさんなど、素敵な女優さんを送り出してくれた。今回は、高橋ひとみ。その後の活躍も頷ける。 また、脚本は、田中晶子さん。私の好きな脚本家で、男と女の揺れ動く心を描いた面白いシナリオである。でも、これをシリアスに撮らずに、軽いタッチで撮った方がいいのでは。ウッディアレンなら、どう撮っただろう。見てみたい気がする。 「にっかつ」なので、濡れ場も要求されるし、大信田礼子さんを使って脱がすのが前提。とか、制約条件は、いろいろあったのだろうけど、ちょっと残念。夏木陽介も暗いし。 でもセリカは、懐かしいなあ。当時は若い人に人気のお洒落な車。街並みも含めて、昭和は良かったなあ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告