唐獅子株式会社|MOVIE WALKER PRESS
MENU

唐獅子株式会社

1983年12月17日公開,102分
  • 上映館を探す

組長の命令で新人歌手売り出しに狂奔するやくざの姿を描く。小林信彦原作の同名小説の映画化で、脚本は「アイコ十六歳」の内藤誠と桂千穂の共同執筆、監督は「“BLOW THE NIGHT!” 夜をぶっとばせ」の曽根中生、撮影は「のぞき」の鈴木耕一がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

三年ぶりに刑務所から出所した須磨組組員ダーク荒巻は、島田組のチンピラに襲われ、九死に一生を得てようやく組の所在地にたどりついた。ところが、そこには、「唐獅子通信社」の見慣れない看板が……。親分の新し物病が始まったらしく、兄貴分の哲は専務と呼ばれ、組の様相は一変していた。翌日、ダークの出所祝が須磨邸で開かれた。シェフは親分の長男・安輝。コック姿で料理を運びやくざ稼業には全く関心がない。そこへ親分の娘・輝子が現れ、「これからはビデオの時代」と提案する。かくて、唐獅子ビデオの看板が掲げられた。さらに、親分は芸能社を作り、どこで見つけてきたのか新人歌手・伊吹ひとみを東京のテレビ局主催のスーパースターコンテストで優勝させろと命令する。ところが、ひとみは体は魅力的だが、歌の方はカラッきしダメ。そして、ダークがマネージメント、原田が歌のレッスンを担当することになった。デビュー曲も出来上がり、東京へ飛んだダークたちは、クラブでまずテレビ局のプロデューサーと評論家を買収する。そこに島田組が現われ、三人は捕まり、監禁された。翌朝、やっとの思いで抜けだしたダークたちは、コンテスト会場にギリギリで到着し、「唐獅子ロック」を歌ったひとみは優勝した。その夜、ダークの自分への愛の独り言を聞いたひとみは、彼に抱いてくれと告げるが断られ外に飛び出した。大阪に戻ったひとみは哲の前で、ダークにベタベタする。ある日、島田組がひとみのマンションにやって来た。居合わせたダークとひとみは逃げだし、やがてモーターボートでの闘争が始まった。そこに、島田組とダークの争いを心配していた栗林警部補が助けに入り、足をゲガする。次の日、栗林を見舞ったダークとひとみは、奥さんに死なれ子供をたくさん抱えて困っている彼の姿を見た。坂津音楽祭当日、子供を連れてお祝いにかけつける栗林に、意を決してダークは「ひとみはあんたが好きだから嫁にもらってくれ」と頼む。そんなダークを哲が「よくやった。惚れた女を他人に渡すはのつらい」と慰めるのだった。

作品データ

製作年
1983年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
102分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • 上海十月

    0
    2006/11/29

    小林信彦著「天才伝説・横山やすし」にこの映画の企画から製作に至る苦労が書かれている。小説は、ベストセラーになっていたので簡単に映画になるかというと、そうは、上手くいかない。紆余曲折して映画化した物をみたらB級以下の映画になり原作者にいたっては、もうこんな苦労したくないと言わしめた。大坂では、ブレイクしていた明石家さんまがビデオ男優で出てるが、ひとつも笑えるところが無くさっさといなくなる。やすしもここぞとばっかり張り切っているが、全てから回り。曽根中生は、「花の応援団」でコメディセンスを認められたのだろうが、こういった作品であったら、同じ東映の鈴木則文に監督して貰ったほうが良かったのではないかと思ってしまう。横山やすしのその後のことを考えるとこの作品で成功したかったろうなと思って涙してしまう作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告