さらば箱舟|MOVIE WALKER PRESS
MENU

さらば箱舟

1984年9月8日公開,127分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

架空の小さな村を舞台に、約一世紀にわたる一家の興亡を描く一大叙事詩。「草迷宮」の寺山修司と岸田理生が共同で脚本を執筆。監督も同作の寺山修司で彼の遣作である。撮影は「海燕ジョーの奇跡」の鈴木達夫が担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

老人と、少年・本家の時任大作が村中の柱時計を盗んで穴に埋めている。数年後、大作は本家の主人となっていた。ある日、いとこ同士である分家の捨吉とスエが結婚した。村には、そうした血統の二人が交じわると犬の顔をした子供が生まれるので、結婚を禁じるというタブーがあった。それを犯そうとする娘のことを案じたスエの父は、彼女に蟹の形の貞操帯をつけ性生活を持つことができぬようにしてしまう。捨音とスエは、何とかしてそれを外そうと焦るが外れない。夫婦生活が持てぬことから、村では捨吉が不能だという噂が広まる。大作は捨吉に女中テマリを抱くのを見せつけたりする。ある朝、皆の前で大作に不能と嘲け笑われた捨吉は、カッとして彼を刺し殺してしまう。捨吉は、スエを連れて村を逃げ出す。しかし、一晩中さまよい歩いて漸く見つけた空家に泊まった翌朝、二人はそこが同じ我が家であったことに気づいた。やがて捨吉は大作の亡霊を見るようになる。そして、徐々に彼は、物の名前を忘れていく。狂気が兆してきたのだ。本家に先代の双子の兄弟の娘だというツバナが、子供・ダイを連れて住みついた。ある日、村の空地にある穴にダイが落ちた。そして、這いあがってきた時には大人になっていた。彼はテマリを姦す。スエが鋳掛屋から買った時計を見つけた村人たちは、時計をこわしにきた。襲いかかった捨吉は、頭を一撃され死んだ。その夜、スエの貞操帯が外れた。村に、急激に文明の波が入り込んできた。村を出て行く者が増え、ダイもテマリと一緒に隣町に移って行った。ある朝、二年前に本家のお金を盗んで逃げた分家の米太郎が車に乗って戻って来た。彼は本家の壁から金貨を見つけた。それを作男ズンムが、村中にふれまわるがどの家も空家となっていた。誰もいなくなった村で、スエが花嫁衣装を着て空地の穴へ投身した。百年後、かつて空地だったところに、鋳掛屋が三脚付写真機を組み立てている。穴はなくなっている。そして、現代の服装をした下男アダの呼びかけに皆が記念撮影をしに集まってくる。

作品データ

原題
Farewell to the Ark
製作年
1982年
製作国
日本
配給
ATG
上映時間
127分

[c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    ミチさん

    3.0
    2009/4/26

    4/26ユーロスペースにて。 いきなり三上寛のライブが始まったのには驚いた。さすがパフォーマンス好きの寺山修司の追悼公演だけはある。 天願大介監督と女性プロデューサーの方(九條今日子さん?)と3人の鼎談(30分)の後、上映。 天願監督は、この『さらば箱舟』で現場デビューとのこと。後年の『世界で一番美しい夜』で何故「貞操帯」が出て来たのか、ようやく分かる。 さて、作品そのものの評価だが、これは難しい。これだけ有名な俳優が出ているのに、「満腹感」がない。おそらく俳優たちに寺山の芝居に対する理解が足りなかったのでは、と勘ぐる。マルケスの「百年の孤独」をテキストに・・・、とあるが、寺山修司の孤独を描いた映画になった。ううむ。理解は難しい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告