海馬|MOVIE WALKER PRESS
MENU
海馬
海馬

海馬

1926年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランシス・ブレット・ヤング氏作の雑誌小説を映画化したもので、ベッキー・ガーディナー女史が改作しジェームズ・シェリー・ハミルトン氏が脚色し「当り狂言」「夜のニューヨーク」等と同じくアラン・ドワン氏が監督した。主役は「白馬王国」「轟く天地」等の主演ジャック・ホルト氏と「夫婦円満哲学」「姫君と給仕」等出演のフローレンス・ヴィダー嬢でウィリアム・ポウエス氏、ジョージ・バンクロフト氏、マック・スウェイン氏、フランク・キャンポー氏、ジョージ・ニコルズ氏等が助演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イギリス人の娘ヘレンはイタリア人ロレンツォ・サルヴィアと結婚し一女を産んだが、無情なロレンツォは妻子を棄てて東アフリカのパンダという寂しい港に赴いてしまった。ヘレンは娘も4歳になったので良人を訪ねてナポリの港を出発した。彼女が乗ったのは英国貨物船で彼女の美貌は一等運転士コクランと三等運転士ハーヴェイとの心を強く動かし彼らは恋仇として争闘を続けたので船長グランヴィルはヘレンに対して警める所あったが、船長自身もいつ知らず彼女を恋慕う身となった。パンダに到着してヘレンは良人ロレンツォが飲んだくれの無頼漢に堕落してしまっているのを知り船に帰った。ロレンツォは原住民兵士を遣わして船長グランヴィルを誘拐罪に問い始めた。船長は金を出してヘレンの自由を買ったが、ヘレンはそれを船長が自分を意に従わせるためと誤解して恐れ娘と共に船を脱してロレンツォの小屋に赴いた。泥酔して眠っていたロレンツォは目を醒ますとヘレンにいどみかかったので彼女は灌木林の中に逃げ込んだ。折よくグランヴィルが来てヘレンを救って村まで送り届け、彼女の娘を取返しにロレンツォの小屋に引返し負傷に屈せず助けて逃れた。ロレンツォは追跡して来たがブランヴィルとヘレン親娘をかばって船に逃してやったコクランのために殺された。原住民兵士たちは船を砲撃せんとしたがコクランは身を犠牲にして船を出帆せしめた。ヘレンは初めてグランヴィルの愛の胸に抱かれた。

作品データ

原題
Sea Horses
製作年
1926年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?