エリア88:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
エリア88
エリア88

エリア88

1985年7月20日公開,98分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

中東の外国人部隊でパイロットとして戦う日本人の姿を描くオリジナルビデオ・アニメの劇場公開版。原作は『少年ビッグコミック』連載中の新谷かおるの同名漫画、脚本は「宇宙戦士 バルディオス」の酒井あきよし、監督は同作の鳥海永行がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

中東のアスラン王国では、政府軍と反政府軍の内戦がくりひろげられていた。ここ、外国人部隊を擁したエリア88でも司令官サキ以下、各国からの戦闘のプロが血みどろの戦いを連日くりひろげている。その中の一人、風間真は大和航空の海外実習生として将来を優望視されていたが、同じ実習生の神崎にハメられて、外国人部隊入りした日本人だ。早く日本に帰りたいが、3年間の契約期間をすぎるか、百五十万ドルの違約金を支払う以外に帰国の道はなく、エリア88でもナンバー1をあらそういきおいで敵機を撃ちおとす優秀なパイロットとして活躍している。ある日、エリア88に日本人カメラマンのロッキーが来て、風間の取材をする。その写真が雑誌をかざり、風間の恋人で大和航空の社長令嬢・涼子の目にとまり、彼女は中東へ旅立つ。一方、激戦でボリスなど仲間を次々と失った風間は百五十万ドルにあと一息という所で、愛機をなくし、一からスタートという運命。涼子の中東行きを知った神崎は、フランスで風間暗殺を組織に依頼。ドゴール空港から中東行きのジャンボ機に乗る涼子。同機は同じく乗っていたサキ暗殺のため爆発物をとりつけられ、呼び出されたエリア88の風間らの戦闘機の機銃そう射によって爆弾はとりはずされた。組織の魔手もかわした風間にとって帰国の日はいつか--。風間との再会を果たせなかった涼子。今日もエリア88は戦闘態勢に入っていた。

作品データ

製作年
1985年
製作国
日本
配給
東映クラシックフィルム
上映時間
98分
製作会社
プロジェクト88

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?