ドレミファ娘の血は騒ぐ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ドレミファ娘の血は騒ぐ

1985年11月3日公開,80分

研究対象の少女を発見して、「恥ずかし実験」を行う初老の大学教授の姿を描く。脚本は「神田川淫乱戦争」の黒沢清と万田邦敏の共同執筆。監督は「神田川淫乱戦争」の黒沢清、撮影も同作の瓜生敏彦がそれぞれ担当。にっかつロマンポルノとして製作された「女子大生・恥ずかしゼミナール」に追加撮影を加え再編集した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

秋子は高校時代の上級生吉岡を慕って、田舎から都内の某大学にやって来た。華やかなキャンパスは、彼女の目に夢のようにも、またハレンチのようにも映る。そこで発見した吉岡は、すでに以前の彼とは似ても似つかぬ軽佻浮薄な出鱈目人間になっていた。抱き続けた夢が破れた秋子は田舎に帰る決心をするが、それをひきとめたのは心理学ゼミの教授・平山だった。「恥じらい」の心理を独自な理論で研究している初老の平山は、秋子を格好な研究対象として自説の完成を計る。それは同時に、彼女に対する淡い恋情を禁じ得ない。一方秋子も、平山の紳士的な態度に悪い印象は持たなかった。そんなある日、平山の心理学ゼミを授講している学生達が平山の老案した「恥ずかし実験」を彼には無断で行ってしまう。ゼミ学生達にとっていかがわしいだけの実験は、たちまちに彼らを官能の渦に巻き込み、教室は愛と淫乱の場と化した。それを発見した平山は怒り狂い、教え子達に見きりをつけると、秋子を連れて特別実験室へと向かう。すでに吉岡への想いを断ち切り、今では平山に好意を抱いてさえいる秋子は素直に従った。そして特別実験室でより大がかりで奇怪な「恥ずかし実験」が繰り広げられる。

作品データ

製作年
1985年
製作国
日本
配給
ディレクターズ・カンパニー
上映時間
80分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.8
  • たっかん

    1
    2014/1/19

    初見(1993年)から20年経過したが、本日(2014年1月19日)、再見。
    以前観た時には思わなかったことを、20年も経って観ると感じ方が変わって、「今観ると、手作り感たっぷりで、かなり古臭い映画」という感じ。

    洞口依子の「とうとう来ました、吉岡さん」なるセリフで始まる本作、音楽家ポスターの裏側から目や手を出す面白いアイデア場面もあるが、長回しの多用・ホームビデオ的映像・“歌”で語る場面多数などで、結構退屈なのが残念。

    「極限的恥ずかしさの変位」なる実験シーンは、初見時にはインパクト強かった感じだったが、今見るとさほどでもない。(再見だからか、はわからない。)

    初見時には意識していなかった「黒沢清監督作品」として再見すると、黒沢監督としてはイマイチの出来。初期作品だから後年作品と比べてしまうからか……。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ミチさん

    3
    2009/11/14

    ようやく、伝説のカルトムービーを観ました。しかも終了後、黒沢監督と洞口依子のトークショー付きで、お得感いっぱい。
    この映画はもともと、「日活ロマンポルノ」として企画されたものの、「いやらしくない」という理由でお蔵入りとなり、1年後、黒沢監督が撮り直して一般映画化したというイワク付きのもの。また洞口依子のデビュー作でもある。
    映画としては、やはり伊丹十三を主演に据えたことで、作品の骨格が出来てしまったところがあって、いかな黒沢監督と言えども、ハチャメチャにできなかったところがある。それを、ホームビデオで撮り直して、シーンを追加し、ハチャメチャ振りを発揮!なんとか、カルトムービーに成功という、ムリがかえって、良い効果を生んだ稀有な例と言えよう。
    洞口依子は、「ネガティブなオーラ」と監督も呼んでいたが、確かに篠山紀信の写真集でもブスっとしたところがあって、「それが何か凄いんじゃないか?」と逆に期待させたところが凄い。親爺殺し?!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告