PARIS-DAKAR 15,000 栄光への挑戦|MOVIE WALKER PRESS
MENU

PARIS-DAKAR 15,000 栄光への挑戦

1986年5月17日公開,108分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

パリからアフリカ西海のセネガルの首都ダカールまで、15000キロを22日間で走破する世界最長の苛酷なオフ・ロードラリー、パリ=ダカール・ラリーの第8回の模様を描くドキュメンタリー。脚本、監督は「ウインディー」の原田眞人、撮影は「さびしんぼう」の阪本善尚、「アフリカ物語」の松前次三、中井正義がそれぞれ担当。主題歌は、大野えり(「REFLECTION」)。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1986年1月1日、第8回パリ=ダカール・ラリーがスタートした。日本からはこのラリーに6回の出場経験を持つ横田紀一郎率いるACPチームが参加。2駆無改造クラスで出場の2台のカローラ、それをサポートするランクル2台、また準メンバーとしてバイクの個人参加が二人と、今までで最大のチーム編成だった。その夜、バイクの金子が事故死した。彼の死は他のメンバーに強い衝撃を与えた。アフリカに入って、リタイアしていく車が増えていく。ACPはビルマ砂漠でカローラ1台が故障、ランクル2台がサポートにまわり、3台はリタイアする。このラリーの創設者ティエリー・サビーヌの乗っていたヘリコプターが墜落した。彼の死を悼んでレースは1日中断されたが、1月14日再開。完走したのは車が364台中71台、オートバイが124台中29台。ACPのカローラ一台も時間外だったが、全コースを走りきった。

作品データ

製作年
1986年
製作国
日本
配給
松竹富士
上映時間
108分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?