本場ぢょしこうマニュアル 初恋微熱篇|MOVIE WALKER PRESS
MENU

本場ぢょしこうマニュアル 初恋微熱篇

1987年3月21日公開,87分
  • 上映館を探す

女子校に通う三人の少女たちの恋と友情をユーモアタッチで描く。『ヤングマガジン』に連載中の有間しのぶ原作の同名漫画の映画化で、脚本は「ボクの女に手を出すな」の斎藤博と中田新一の共同執筆。監督は「BE・FREE!」の中田新一、撮影も同作の奥村正祐がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京郊外の中規模都市。県立藤ケ丘女子高等学校に通う2年生沢木みちこは、生まれて初めて本当に彼が欲しいと思った。彼女は工業高校のラグビー部のスーパースター、大谷直人にラブレターを書いて手渡す。みちこと幼稚園からの同級生で親友の広美の心境は複雑だった。彼女は以前から大谷とつき合っていたが、彼がいるなんてなかなか言いだせなかったのだ。広美と相談した大谷は手紙の返事を出さなかった。憤るみちこ、広美の苦悩をよそに女子高は今日もハチャメチャに賑わっている。みちこの友人の良子は男が苦手で、3年生の知的な先輩、夕子に憧れている。みちこの家は魚屋だが、ある日曜日、東京で暮らす姉、秋子が婚約者の真面目な男性、三ッ橋昇を連れて来た。そんな様子をみて、みちこの彼が欲しいという想いは募るばかり。良子の誕生日と夕子の卒業式が重なった。そのパーティを、良子がひとり暮らしをする豪華マンションで行なうことになった。良子は夕子をみちこは大谷を連れて来ると張りきる。春休みになり、東京の原宿へ出かけたみちこは、偶然大谷とデート中の広美に出会った。その日から、ふたりの仲はギクシャクし、とうとう取っ組合の喧嘩を始めた。そんな時、大谷からみちこに手紙が来た。みちこが出向いて行くと、待っていたのは以前からみちこを想っていた大谷の友人、中野だった。憤ったみちこは中野を海につき落としてしまった。卒業式の日、みちこと良子は担任の教師、山田と夕子が仲睦まじく山田のアパートへ入るのを目撃する。ふたりが結婚すると聞いてショックを受ける良子。パーティの最中、広美は大谷と中野を連れ立って来た。みちこは広美と仲直りし、中野といいムードに。そしてファースト・キスを交わした。

作品データ

製作年
1987年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
87分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?