行き止まりの挽歌 ブレイクアウト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

行き止まりの挽歌 ブレイクアウト

1988年7月30日公開,111分
  • 上映館を探す

アウトロー刑事の人間としての、男としての生き様を描く。栗本薫原作の小説「行き止まりの挽歌」の映画化で、脚本は「またまたあぶない刑事」の柏原寛司が執筆。監督は「聖女伝説」の村川透、撮影は「トリナクリア PORSCHE 959」の矢田行男がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

暴力団竜田組の息のかかった“ドルフィン”のバンドマン・島田が殺された。捜査にあたった新宿西署の刑事・梶竜介は暴走族の沢野未来という少女に目をつけた。島田の部屋に一緒に写っている写真があったのだ。しかし、未来は何もしゃべらず、間もなく釈放された。一匹狼の梶に西村という若い刑事がパートナーとしてついた。事件を追ううちに別の殺人事件が浮かび上がった。ある政治家がSMプレイ中に誤って女を殺してしまい竜田組の仲井に助けを求めたのだ。そのときの恩があって仲井はいろいろと悪どいことも大目に見てもらっていた。捜査には本庁も介入してきて梶ははずされた。未来が狙われるようになったので、梶は自分のアパートに匿ってやったが、敵は手強かった。やがて梶は一人で巨悪に立ち向かうことを決意し刑事をやめた。そして未来を連れて逃亡。二人は刑事に追われるハメになるが、梶は仲井を殺し、西村によって逮捕された。

作品データ

製作年
1988年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
111分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?