誘惑者|MOVIE WALKER PRESS
MENU

誘惑者

1989年10月29日公開,109分
  • 上映館を探す

二重人格の心を持つ女を巡って現代社会の病的心理をサスペンス・タッチに描く。脚本は新鋭・中島吾郎、監督は「妖女の時代」の長崎俊一、撮影監督は「グリーン・レクイエム」の渡部眞がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

外村が経営する精神科クリニックに美也子が訪れたのは、夕暮れの診察時間が終了する頃だった。旅行会社に勤める美也子は、君江という女と同居しており、その君江が異常に嫉妬深くてなやんでいると外村に打ち明ける。帰り道、外村の患者である平山に強引に迫られていた美也子を助けた外山は、彼女をマンションまで送り届けた。それから何日かたったある日、君江から外村に「私達に溝わないで!」と電話が入った。美也子のことが気にかかった外村は彼女に近づき、君江からの電話の件を話した。すると突然美也子の声が君江に変わり、ナイフで外村の膝を刺した。数日後、入院した外村を見舞いに来た美也子はその事を全く記憶していなかった。君江にもう一度会いたいと外村がつめよろうとしたとき、恋人のはるみが病室に現れ、美也子に嫉妬するが、美也子には別の感情がわいていたのだった。外村は美也子の心の秘密を探り、同性愛の二人が心中を図り、君江が死に美也子が生き残ったという事実を知る。美也子のマンションを訪れた外山は、そこで君江になりきり、美也子を愛するはるみを見る。そして、外村は彼女らのマンションを背に去って行くのだった。

作品データ

製作年
1989年
製作国
日本
配給
ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
上映時間
109分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?