バカ政ホラ政トッパ政|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バカ政ホラ政トッパ政

1976年10月1日公開,90分
  • 上映館を探す

東京は花の銀座を舞台に、生まれたところは違っても骨は銀座に埋めるべく、死ぬまで五分のつき合いを誓った銀座の三政の活躍を描く。脚本は「暴力金脈」の笠原和夫と「女必殺五段拳」の鳥居元宏と中島貞夫の共同、監督は「沖縄やくざ戦争」の中島貞夫、撮影は「狂った野獣」の塚越堅二がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

関東城政会の傘下にある銀座興業の幹部、通称銀座のバカ政こと橋本政人が、縄張りを荒らす他所者やくざを叩っ斬り、三年の刑務所暮らしを終えて銀座へ戻ってきた。バカ政の働きで、銀座興業の名は売れて、兄貴分の社長、野口の株もあがったものの、バカ政は、自分の帰りを待っていてくれると信じていた銀座の蝶、恵子が行方不明のため元気がない。そんなとき、野口と本家の理事、田所がトッパ政と名乗る男にヤクのガセネタをつかまされたことを耳にして、バカ政は早速トッパ政のアジトへ乗り込んでいった。名古屋出身のブローカー笠井政之助ことトッパ政は、キザなわりには腕っ節も強く、二人の勝負は互角だった。話によると、トッパ政自身もガセネタをつかまされていたことが分った。互いの男気に惚れて意気投合した二人は、大学生のパーティに繰り込んだ。その会場でトッパ政が、自分にガセネタをつかませたバンドマンを発見したから、パーティは大混乱。その時、このパーティをしきるガクラン姿の物静かでどこか気品のある若い男、上原政夫こと通称ホラ政が現われた。ホラ政は、バカ政に作法通りの決闘を申し込んで、凄じい死闘が展開していった。必死に立ち向ってくるホラ政の根性に、二人は呆然として、いつしか三人は厚い友情に結ばれて、五分の盃を交わすのであった。銀座の三政がここに誕生。三人の目的は銀座にビルを建てることだった。三人は、着々と資金を作っていった。そこで衝突したのが、銀座進出を企む江東義友会だった。ある日、ホラ政が寝込みを襲われて、義友会に捕えられた。バカ政とトッパ政が、ホラ政救出に向ったが、多勢に無勢で三人とも凄絶なリンチを受ける羽目になった。そんな時、老屑拾いの社長の協力で恵子が銀座に戻ってきた。バカ政が恵子に豪華なプレゼントをする時は、決って修羅場に向う時である。三政は七人の子分を引き連れて、義友会に殴り込んだ。不意討ちをくらった義友会は、バカ政たちの死にもの狂いの勢いに、応戦する間もなく壊滅した。三人は、銀座に念願の太陽カンパニーという興業会社を設立した。バカ政たちの勢いをこころ良く思わない野口は、ある日バカ政たちが打ったロカビリー興行の横取りを企んで、人気グループのフォリプスを監禁した。ホラ政とトッパ政は怒り狂って、ついに太陽カンパニーと銀座興業は対立に至った。両者の仲裁に入った城政会理事の田所は、銀座ファッションビルの権利を奪い取る魂胆だった。総会屋の吉村から田所の狙いを聞いたバカ政は、裏をかいて社長の大倉を恐喝し、退陣に追い込んだものの恐喝罪で逮捕された。役者が一枚上手の田所は、権利書を手に入れて、こんどは野口と手を組んだ。標的を田所一本に絞ったバカ政は、銀座興業の追求を逃がれ、田所を追い詰めて刺殺した。バカ政は、三度目のプレゼントを恵子に届けて、姿を消した。中味はエンゲージリングだった。銀座に骨を埋める覚悟の三政は、最後のツッパリをするために、堂々と葬儀場へ乗り込んでいった。

作品データ

製作年
1976年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?