ドカベン(1977 鈴木則文):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ドカベン(1977 鈴木則文)
ドカベン(1977 鈴木則文)

ドカベン(1977 鈴木則文)

1977年4月29日公開、84分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

水島新司の同名劇画の映画化。甲子園出場をめざす明訓高校の野球部の活躍ぶりを描く。脚本は「武闘拳 猛虎激殺!」の掛礼昌裕、監督は「トラック野郎 天下御免」の鈴木則文、撮影は「河内のオッサンの唄 よう来たのワレ」の出先哲也のそれぞれが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

体格はずんぐりむっくり、口数は少なくいつもニコニコの山田太郎は、おじいちゃんと妹・サチ子の三人暮し。いつも、ドカベンを持ちあるいているので愛称もドカベン。明訓高校に転入してきてすぐ、ドモリの怪物といわれている岩鬼と対立。二人は、野球部主将の長島の提案により野球で勝負。長島の剛速球に岩鬼は簡単に三振し、山田も三振する。山田の素質に目をつけた長島は、山田を野球部へ誘うが、山田はこの話を断わる。数日後、山田は柔道部へ入部。そして、ユニークな特訓により、またたくまに関東高校柔道大会の決勝へ。しかし、相手が右手を負傷していることをしった山田は、自らも右手を使わず、負けてしまう。長島も、監督の命令にしたがわず、結局試合に負けてしまい、野球部を退部する。しかし、運命のいたずらというか、野球部全員が、自動車事故にあい、崩壊寸前の野球部を、長島、山田、岩鬼、殿馬らが救う。こうして、生まれた明訓野球部は、甲子園めざして突撃を開始するのであった。

作品データ

製作年
1977年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
84分
製作会社
東映東京

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?