女子大生の告白 赤い誘惑者|MOVIE WALKER PRESS
MENU

女子大生の告白 赤い誘惑者

1980年4月12日公開,69分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

キャンパスライフにあきたらず、ホステス、ストリッパーなどのバイトを通じて現実社会を学ぶ女子大生の姿を描く。和歌山大学の現役女子大生紀ノ山涼子が脚本を書き、主演して話題を呼んだもので、監督は「宇能鴻一郎のあつく湿って」の加藤彰、撮影は「果てしなき絶頂」の荻原憲治がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

女子大生の春子は、平穏な学生生活にあきたらず、夜は高級クラブのホステスのアルバイト、大学教授の松村というパトロンもいた。さらに視野を広げようと、ホステスをやめて、ストリッパーを始める。そんな時、春子は、松村の教え子で作家の大谷と知り合った。やがて二人は同棲生活を始める。昼はストリップの人気ダンサー、夜は大谷と激しく情事に燃える春子だった。そして、踊り子たちとの交流で、実社会の様々な面を学んでいく。それは無味乾燥なキャンパスライフでは得られないものだ。ある日、春子は大谷の書いた原稿を見た。老女殺人計画を描いたその原稿は、妙な生々しさがあり、春子は大谷の真意を探ろうとした。大谷の原稿は書き上がっていく。すなわち決行の日が近いということだ。そして、小説が完成したとき、春子は大谷の部屋を訪れた。そこには老婆の死体が……。春子に小説の最後のシーンが目に浮んだ。斧をふりあげ恐しい目つきの大谷。その老婆は、大谷の童貞を奪った伯母で、以来、彼女は若い肉体にとりついて、関係を続けたという。その情事で大谷の人格が作られた。大谷はその束縛からの脱出を考え、それを実行したのだった。

作品データ

製作年
1980年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
69分

[c]キネマ旬報社

動画配信

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?