兇状流れドス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

兇状流れドス

1970年4月4日公開,82分
  • 上映館を探す

脚本は「荒い海」の直居欽哉、監督は「尻啖え孫市」の三隅研次で、初めてのヤクザ映画に挑んでいる。撮影は「眠狂四郎卍斬り」の武田千吉郎が担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

あるミナト街。急速に勢力を伸ばした武藤組の千五郎は港湾一帯を押えている滝沢組の追い落としを計りそのシマ内を承知の上でカフェ「ゴンドラ」へ殴り込みをかけた。かねてから妾にと狙っていた女給の町子を支配人がグルで逃したというのがその言いがかりだったが、偶然にもその足抜きさせた張本人が客として居合せ、あわや血の雨……と思いきや、男の手品まがいのドスさばきに、アッサリかたがついてしまった。鮮かなその男銀次の手並みに魅かれた滝沢組の代貸沢井源市は、是非客人にと誘うが、そのとき千五郎の放った刺客林田の一弾が轟いた。だが、弾丸は源市の太腿を射抜いただけで、林田は銀次のために海の中へ叩きこまれた。武藤の魔手は組長の惣吉にまでのびた。惣吉は老骨に鞭打って荷揚げの陣頭指揮に当っていたが、何故か作業員も集まらず、また銀次の捨身の体当りがなければ、あわや惣吉が積荷の下敷きになるといった事故も起った。その夜、銀次は林田が溺死体で発見され、町子の兄であることを知り驚いた。だが林田があの時死んでしまったことについては合点がゆかなかった。銀次は、翌日街を去るが、奇遇した町子に、兄貴は自分が殺したらしいことを告げた。武藤は鬼のいぬ間にと、惣吉と源市に拷問を加え荷揚げ仕事に執着を示し続けた。街に舞いもどった銀次は「ゴンドラ」の支配人からあの夜の意外な事実を耳にした。武藤組の代貸、岡崎こそ真犯人で、あの時海上から這い上がってきた林田を角材で滅多打ちにしたというのだ。無実の喜びと新たな怒りに燃えた銀次は喧嘩仕度に身を固め惣吉らの監禁されている倉庫へ急ぎ、武藤、岡崎の息の根を止めた。

作品データ

製作年
1970年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
82分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?