アタックNo.1 涙の世界選手権|MOVIE WALKER PRESS
MENU
アタックNo.1 涙の世界選手権
アタックNo.1 涙の世界選手権

アタックNo.1 涙の世界選手権

1970年12月19日公開,51分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「マーガレット」に連載中の人気漫画の映画化。脚色は田村多津夫。演出は大隅正秋。撮影は清水達正がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークで開催される、世界ジュニア・バレーボール選手権に日本チームの初参加が決まった。こずえ、みどり、垣の内をはじめとする、全日本は、猪野熊コーチのもと、きびしい強化練習を行なった。強敵は前年優勝のソ連と準優勝のアメリカである。試合当日、第一戦の相手は強敵アメリカだった。苦戦しながらもどうやら勝ち、第二戦も勝った。その頃、強硬ソ連もチェコを破り、決勝に進んだ日本と対決することが決まった。そしてソ連と優勝を争そう日、必勝の作戦を胸に、ソ連の固いブロックにいどむ日本チーム。ボルチンスカヤの殺人スパイクに苦戦をしいられながらも、こずえ以下日本選手の活躍は素晴らしかった。見事世界一に輝いた選手たちの顔には涙が光っていた。

作品データ

製作年
1970年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
51分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?