実録・私設銀座警察|MOVIE WALKER PRESS
MENU

実録・私設銀座警察

1973年7月4日公開,94分
  • 上映館を探す

戦後の混乱の中で復興の著しい銀座を舞台に、自然発生的に生まれた暴力団の興亡を描く。脚本は「女囚さそり 第41雑居房」の神波史男と松田寛夫、監督は「やくざと抗争 実録安藤組」の佐藤純彌、撮影も同作の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和二十一年、焼野原と化した銀座は外国人に仕切られていた。とある酒場で、元陸軍二等兵・岩下敏之と博徒・宇佐美義一が博奕のいさかいから喧嘩となった。その場に居合わせた元伏竜特攻隊員・池谷三郎と予科練帰りの樋口勝も喧嘩の中に入り大乱闘となるが、いつの間にか四人は意気投合する。やがて四人は銀座を我が手にするために暴れ始める。そして、宇佐美と池谷たちは、銀座で最大の勢力を誇る愚連隊のボス・山根譲と実弟・順と本格的な抗争に突入した。すぐにでも殴り込もうとする宇佐美を制した池谷は、山根一人を狙うべく、山根の配下木島を抱き込んだ。丁度その頃、アメリカ兵を殺害して逃走中の、元学徒兵陸軍々曹・渡会菊夫を宇佐美が隠まう。そして、宇佐美は渡会を使って山根殺害に成功した。また、山根の弟・順も池谷達の策略で返り討ちに合ってしまった。やがて、宇佐美を首領とした、池谷、岩下、樋口たちは銀座制圧に成功した。そして池谷たちもそれぞれ子分をかかえ独立した。やがて、貿易公団職員斉藤の公金横領を岡村文吾から聞き出した池谷は、斉藤を恐喝して五百万円捲き上げ、“有楽商事株式会社”を設立、銀座は次第に宇佐美の手から池谷へと移っていった。それを黙認する宇佐美ではなかった。宇佐美は、樋口、岩下と相談、渡会を使って池谷を殺害することを決意した。渡会は、池谷の内妻・善江が経営する旅館に、池谷を殺すべく忍び込んだ。だが、突然の喀血で、失敗する。反撃に撃って出た池谷は、岡村、小野たちを引きつれ、宇佐美たちを襲撃。命乞いをする宇佐美に唾を吐きすてた池谷、今や銀座は彼の独壇上となった。ある日、池谷は舎弟分関と恋人京子の結婚式に出席した。その時、生きのびていた渡会の拳銃が、池谷に向けて火を吹いた……。この池谷殺害事件をきっかけに警視庁は、戦後初めての大々的な暴力団狩りに踏み切った。そして宇佐美、樋口ら当時マスコミにより“私設銀座警察”と呼ばれた集団は、全員逮捕され潰滅したのである。

作品データ

製作年
1973年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
94分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • 晴耕雨読

    4
    2009/5/25

     東映実録ヤクザ映画の中でも極北に位置する凄絶な映画です。監督は東大ドイツ文学出身の佐藤純弥監督であり、深作欣二監督の「仁義の墓場」の暗澹、陰惨、破滅すらも超越したブラックホールのような作品です。映画冒頭の混血児乳幼児を投げ殺すシークエンスからラストシーンの全裸による饗宴まで、ジャズを背景に連続する衝撃シーンに震撼とさせられます。

     ルポラーター兼作家の山平重樹氏が上梓した「銀座愚連隊物語」双葉社・刊は大東亜戦争敗戦直後に無法地帯と化した銀座に、自分の勢力圏を確保しよとして蠢動を始めた出た愚連隊の結成から内部分裂、解散までを描いています。この映画はその本にも書かれてある「銀座警察」と呼ばれた愚連隊の青春群像劇ですが、主役の安藤昇や梅宮辰夫よりも、脇役ながら渡瀬恒彦が最も鮮烈な印象を残しています。それは前記した暗澹、陰惨、破滅を全て併せ持った人間であり、復員兵の彼は麻薬ジャンキーである上に、瀕死の重傷を何度も負いますが、強靭な精神力によって不死身のように生き返るゾンビのような人間なのです。

     麻薬の摂取過多によって脳神経が破壊されていながらも殺人マシンのように人間標的を追いつめる様はハリウッド映画の「ターミネーター」のような怖ろしさがあり、大量吐血の中で蠢く姿も、映画的魅惑に彩られているような錯覚すら覚えます。絶望的なほどのエロ、グロ、ヴァイオレンス溢れる人間失格者の生き様に麻痺してしまいながらも精神力がタフであったならば多少の怪我をした位では死なないものかと自問自答しました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告