としごろ(1973)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

としごろ(1973)

1973年4月14日公開,89分
  • 上映館を探す

もっとも傷つきやすい思春期を向えた女の子たちが、周囲の先輩、教師たちに見守られながら成長していく姿を描く。脚本は元持栄美、監督は「あまから物語 おんなの朝」の市村泰一、撮影は「黒の奔流」の小杉正雄がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

この春、中学を卒業した森川昌子と渡辺優子は、同窓生で、バレーボール部に籍を置いていた親友同志である。二人は先輩であり、母校の事務員兼バレーボール部のコーチをしている大和田章子を姉のように慕っていた。昌子は母と二人の貧しい家庭のために、近くの工場に就職した。優子は高校へ進学してバレーボールを続けようと思っていたが、大工をしている父、源三が怪我をしてしまい、高校を断念せざるを得なくなった。しかし、優子のバレーボールの力量を惜しんだバレー部の監督でもある担任の沼田は、優子を自分の家に下宿させ、高校へ通学させることにした。一方、工場で昌子の同僚の塚原雄二が、昌子の身代わりになって大ケガをしてしまった。見舞の花束も買えない昌子は、唄のアルバイトまでして働いた。いつしか昌子と雄二は互いに惹かれていくのだった。そんな二人を、主任の堀口は暖かく見守っていた。昌子の後輩の淳子がある日、不良たちに輪姦されてしまった。淳子は友達の透を誘い、波打つ海岸へ行った。「俺は自分が嫌だ! 親たちが敷いたレールの上を行くだけだ!」と嘆く透。淳子と透は心中を図った。それは、単なる不良グループだけへの怒りでなく、社会への矛盾、親への反抗をふくめての自殺だった……。そんな頃、優子はバレーボールの練習中、足を骨折してしまった。バレーボールを断念しなくてはならない。いろいろ悩む優子を、昌子たちは、いつまでも美しい友情で結ばれようと誓いあい、彼女を励ますのだった。強烈に飛んでくるボール、汗みどろの部員、今日も夕日が沈む学校では、猛練習がつづいていた。

作品データ

製作年
1973年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
89分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?