華麗なるギャツビー(1974)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

華麗なるギャツビー(1974)

1974年8月3日公開,144分
  • 上映館を探す

1920年代のアメリカの精神的混乱を上流階級に属する若者たちの生き方を通して描いたF・スコット・フィッツジェラルド原作の映画化。製作はブロードウェイのプロデューサーで初めて映画を手がけるデイヴィッド・メリック、監督は「年上の女」のジャック・クレイトン、脚本はフランシス・フォード・コッポラ、撮影はダグラス・スローカム、音楽はネルソン・リドル、衣装はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はロバート・レッドフォード、ミア・ファロー、ブルース・ダーン、カレン・ブラック、スコット・ウィルソン、サム・ウォーターストン、ロイス・チャイルズなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1920年代のアメリカ。ニューヨーク郊外のロングアイランドに豪華な邸宅を構えるジェイ・ギャツビー(ロバート・レッドフォード)は夜毎のようにパーティーを催していた。彼の身分は謎に包まれていたが、招待客は密輸やスパイ、殺人など法に背く行為の末に大金持ちになったのだと噂し合っていた。そんなギャツビーの隣に住むニック・キャラウェイ(サム・ウォーターストン)は、数回パーティに招待され、徐々に彼の秘密を知るようになった。ギャツビーはダコタの農家に生まれ、17歳のとき鉱山成金に拾われた。そして第1次大戦に参加し、陸軍少尉となった彼はルイビルのキャンプにいるときデイジー(ミア・ファロー)と知りあった。2人は互いに心ひかれ激しい恋におちたが、ギャツビーは軍の命令でフランス戦線へ派遣されてしまったのだ。その頃のことをニックは知らなかったが、デイジーとニックは従弟同志だった。ギャツビーがフランスへ発ったあと、デイジーはシカゴの富豪トム・ブキャナン(ブルース・ダーン)と結婚した。トムとニックはエール大学での級友だった。数年後、戦線から戻ったギャツビーは、自分の青春を賭けて愛したデイジーが結婚したことを知って苦しんだ。しかも彼女の生活はギャツビーの手の届かない上流階級にあり、社交界の花形としてその日々を送っていた。ギャツビーは再びテイジーの心をとり戻す決意を固め、5年が過ぎた。今、ギャツビーはロングアイランドに大邸宅を構えていた。それは、デイジーの邸と湾をへだてて向かい合っていた。ギャツビーは夜毎豪華なパーティを開いた。当然、社交界の話題はギャツビーに集中し、2人はニックの仲介を得て再会した。デイジーはギャツビーの変わらぬ愛を知り、感激した。夫にはマートル(カレン・ブラック)という情婦があり夫婦生活がうまくいっていなかったのだ。ある日、ギャツビー、デイジー、ニック、トムが顔を揃え、ギャツビーとトムがデイジーをめぐって対立した。その帰り道、興奮するデイジーが運転するギャツビーの車がマートルを轢き殺してしまった。そうとは知らないマートルの夫のウイルソン(スコット・ウィルソン)は、トムにギャツビーがマートルを轢き殺したと入れ知恵され、ギャツビーを射殺すると自らも命を断った。

作品データ

原題
The Great Gatsby
製作年
1974年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント映画=CIC
上映時間
144分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.1
  • たっかん

    3
    2013/6/15

    ロバート・レッドフォード、ミア・ファロー主演のこの映画、綺麗な衣装を着た人たちのパーティ場面や調度品など、その華麗なるシーンが美しい。
    しかし、物語のテンポがゆったりしているので、眠くなりそうである。(2時間23分間、寝なかったが…)この映画は、睡眠十分とった時に観る方がベター。
    しかし、ロバート・レッドフォードは愛を貫く立派な男であり続けた一方で、ミア・ファローは自分勝手過ぎる。「オイオイ、ひき逃げで人殺しまでしていて、それは無いだろう!」という感じ。そんな女の旦那の叫び声に起因して、ロバート・レッドフォードが射殺されるラストは悲劇。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告