二人だけの太陽|MOVIE WALKER PRESS
MENU

二人だけの太陽

1961年2月14日公開,70分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

山本英明・松本功の脚本を「白い粉の恐怖」の村山新治が監督した青春編。「姿なき暴力」の星島一郎が撮影した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

浅草のチンピラ所慎二は、日光の山奥から姉和代を頼って上京してきたばかりの田舎娘・畑村トシの危機を二度も救った。一度目はトシが置引きに荷物を奪われそうになった時、二度目は家出娘を狙う桂組の子分有村たちの毒牙にかけられようとした時だ。有村は慎二にとって兄貴分に当る男、慎二は裏切者として有村一味に追われる身となった。彼はトシと一緒にバー「梢」に勤めている和代を訪ねた。だが、和代は矢部医院の病室で祝福されぬ子を出産したばかり、しかも睡眠薬の自殺未遂で昏睡状態にあった。慎二は子供のために和代の相手の男を探し出そうと思った。「梢」のマダムから和代に三人の男がいたことを聞き出した。まず区役所の厚生課長野村を訪ねた。彼は千円札一枚をトシに握らせるとそそくさと姿をかくしてしまった。二人目の男は印刷屋の枝村、税務署の執行吏がきて店は差押えの最中。人のよい気弱な枝村も和代との関係を否定した。最後に訪ねたのが工員の久留島。彼は五カ月も和代に会っていないという。慎二とトシは結局確証をにぎることができずに矢部医院に帰った。病院の経営は、慈善事業的経営のために行きづまっていた。慎二は和代の入院費だけでも工面しようと思った。昔のチンピラ仲間を訪ねたが、待っていたのはリンチだった。和代が印刷屋の枝村と心中してしまった。父親は生活苦に負けた枝村だったのだ。慎二とトシは泥酔し、狂ったように踊りまくった。だが、酔いがさめた時、二人は残された赤ん坊のことを考えた。二人で育てようと、慎二とトシは誓い合った。

作品データ

製作年
1961年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
70分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?