いれずみ乳房|MOVIE WALKER PRESS
MENU

いれずみ乳房

1961年10月25日公開,70分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「黒い三度笠」の浅井昭三郎が脚本を書き、「お馬は七十七万石」の田坂勝彦が監督した推理時代劇、撮影は「おてもやん」の相坂操一。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

北町奉行の甥月太郎は堅苦しい武家生活を嫌って市井に出、気ままな生活を送っていたが、或る夜、勘定奉行門脇主水正と武田の残党、竜神岳一族との抗争を知った。主水正は、甲府金山奉行を勤めていた際、武田家滅亡の時に地中に秘められていた莫大な埋蔵金が存在することを知り、竜神岳一族の頭領、倉嶋仙翁夫妻を捕え、拷問にかけて殺してしまった。以来、竜神岳一族は主水正を仇敵と見なし、一方、江戸へ呼び戻されて勘定奉行になった主水正は、己れの立身出世のため埋蔵金を探していた。月太郎は、親友の与力岡村敬之進と女目明しお加代の助けをかりて探索を開始した。一方、主水正一味は、埋蔵金のありかを解く鍵は、仙翁の娘雪乃の乳房に彫られたサソリ形のいれずみにあることを知って雪乃を追求。このため罪のない娘達までが、乳房あらためを受けた後殺されていた。当の雪乃は、恋人順之助の策で鈴香と名を変えて芸者になり、復讐の機会を狙っていた。月太郎はこの鈴香が雪乃であることを知った。彼女の口から主水正が老中本多近江守を黒幕に持つことを知り、一介の町奉行たる叔父、伊予守の手の及ばないことを知った。一方、主水正は竜神岳一族の裏切り者から、鈴香が雪乃であることを知り、屋敷に鈴香を誘いこんだ。主水正は言葉巧みに鈴香を湯殿に誘った。しかし、雪乃からの連絡で、このことを知って手筈を整えていた竜神岳一族が乱入、忽ちにして屋敷内は修羅場と化した。この時、月太郎も躍りこんで来た。与力岡村敬之進もお加代と共に町方を従えて駆けつけた。さすがの主水正も観念の眼を閉じた。事件解決の翌日、屋敷に帰るよう説得する敬之進を尻目に、月太郎はまた退屈しのぎの事件を求めて、江戸の町なかへ消えて行くのだった。

作品データ

製作年
1961年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
70分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?