B・G物語 易入門:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
B・G物語 易入門
B・G物語 易入門

B・G物語 易入門

1962年4月29日公開,79分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

黄小娥「易入門」より「明日を呼ぶ港」の桜井康裕と「可愛いめんどりが歌った」の笠原良三が共同で脚色、「夢でありたい」の富本壮吉が監督したサラリーマン喜劇。撮影は「雁の寺」の村井博。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

菱井商事の本社。昼休みの社員食堂はサラリーマンやB・Gたちで大混雑だ。その一隅では、営業部の宏子、佳代、トミ子、友江の四人が何事か神妙な様子でひたいを寄せ合っていた。易にすっかりこってしまった友江が、『易入門』の本と拾円玉六枚を得意そうに取り出し説明しているところだった。半信半疑の一同の前で友江は佳代に自分の恋愛の運勢を占ってくれと頼んだ。卦は水山蹇と出た。足なやむ卦、つまりデイトの時など三角関係どころか五角六角関係になるというのだ。卦を気にしながらも友江は明日の日曜のデイトの相手をさがしてあちこち電話した。が皆都合が悪くがっかり。ようやく一人つかまえて一時にデイトの約束をした。ところが翌日そこへ行って見ると、来られない筈の友達がぞくぞく現れ、友江はびっくり。易が当たるのに感心してしまった。会社で一部始終を話す友江の言葉を聞いて、今度はトミ子が恋人の株式課の村井との結婚問題を占ってもらうことにした。佳代の占によると巽為風と出た。風に吹かれるタンポポの卦つまり迷い多く決断を欠く時だというのだ。案の定、トミ子の前に家を建ててくれるという建築技師の殿岡との縁談話が降って湧き、トミ子は迷い始めてしまった。その話を聞いた宏子は、佳代に頼んでそっと自分の運勢を占ってもらった。彼女は男性に興味はないと豪語するものの、実は気にならないでもなかった。彼女の卦は水天需、渡し船を待つ人の形で、男女の問題はあまりよくない。目的が二つあったりして危険だという。宏子の卦もあたり、同じアパートに住む小杉という青年が、彼女の持ち株を目あてに近寄って来た。宏子はもう少しで危い目に会うところだった。その頃、営業部に新しい青年課長が就任した。彼にひかれたB・Gたちは、内証で次々と佳代のところへ現れ彼との卦を占ってもらった。今度は皆そろって積極的に出ろという卦が出た。B・Gたちは積極的にモーションをかけ始めた。だが、当の青年課長はいつの間にか佳代と婚約をしていた。がっかりした友江、トミ子、宏子たち。自分の運命は自分で切り開かなければ……とつぶやくのだった。

作品データ

製作年
1962年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
79分
製作会社
大映東京

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?