真田風雲録|MOVIE WALKER PRESS
MENU

真田風雲録

1963年6月2日公開,90分
  • 上映館を探す

福田善之原作を彼自身と「若き日の次郎長 東海道のつむじ風」の小野竜之助、神波史男が共同で脚色、「丹下左膳 乾雲坤竜の巻」の加藤泰が監督したアクション・コメディ。撮影は「薩陀峠の対決」の古谷伸。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

慶長五年関ケ原合戦のころ、戦場泥棒の浮浪児お霧、清次、伊三、六たちの底抜けの明るさに、落武者の根津甚八、筧十蔵らが加ったのも無理はない。十数年がすぎて天下が再び風雲急となったある日、一行は以前知り合ったはなれ猿の佐助というヘンな野郎と出くわした。彼は生れ落ちた時イン石の放射能が体に作用したとかで不思議な術を身につけていた。佐助をリーダー格とし、ぎたあるをかき鳴らして徳川家を諷刺する由利鎌之助を加えた一行は、大坂城に向った。ここで秀頼公から入城をすすめられて優秀な部下を探しまわっていた真田幸村と知りあい、彼に従うことになった。もし勝てばでかい夢がもてる、と佐助たちの心中もさまざまに穴山小助と望月六郎を加えた真田十勇士が出来上り、六文銭の旗があがった。いよいよ大坂冬の陣、しかし大坂城の幹部は篭城をとなえ、業を煮やした真田隊が勝手に出撃して徳川方忍者服部半蔵さえいなければ決定的勝利を得るほどの戦果をあげても叱られる始末。淀君は女、秀頼は若い、執権の大野修理の心はサッパリ判らぬときている。その間、お霧の愛を獲得した佐助は、同時に冬の陣が八百長だったという事実をつきとめた。やがて休戦、大坂城の外濠を埋めることで和議が成功したのだ。全くアタマに来た真田は俺たちだけでやろうと飛び出したが孤立無援、かえって味方の鉄砲隊に狙われ三人が死亡、お霧は流産した。城に舞い戻った佐助は修理に対決し、所詮彼らに闘う気がなかったことを知った。元和六年夏の陣が始まり、濠埋めの労役から解放された佐助達は、ただ自分達のために闘った。諸将は続々倒れ、天王寺の決戦で幸村も死んだ。燃える大坂城を仰ぎ、佐助は無事なお霧と小さな幸せを思わぬでもなかったが、服部半蔵との無意味ともいえる、しかし凄じい忍術合戦に体をブチ込んでいくのだった。

キャスト

中村錦之助

はなれ猿の佐助

渡辺美佐子

むささびのお霧

大前均

ずく入の清次

常田富士男

どもりの伊三

ジェリー藤尾

かわうその六

春日俊二

筧十蔵

米倉斉加年

根津甚八

ミッキー・カーチス

由利鎌之助

河原崎長一郎

穴山小助

岡村春彦

望月六郎

千秋実

真田佐衛門佐幸村

佐藤慶

大野修理亮治長

小川虎之助

大野道犬

明石潮

織田有楽斎

阿部九洲男

後藤又兵衛基次

大村文武

木村長門守重成

水木襄

豊臣秀頼

本間千代子

千姫

花柳小菊

淀君

原田甲子郎

服部半蔵

田中邦衛

坂崎出羽守

鈴木金哉

塙団右衛門直之

田中亮三

薄田隼人正兼相

島田兵吾

応募の若者A

中村錦司

使い番

木南兵介

落武者風の盗賊

片岡半蔵

老爺

岡島艶子

老婆

林彰太郎

武士

中村時之介

浪人A

島田秀雄

浪人B

土橋勇

浪人C

大里健太郎

受付の侍

五里兵太郎

百姓A

有川正治

鉄砲隊長

若井緑郎

豊臣方の使者

原京市

徳川方の使者

小山田良樹

又兵衛の部下

矢奈木邦二郎

重成の老臣

戸塚新八

陣屋Aの番兵

藤本秀夫

陣屋Aの将兵

利根川弘

陣屋Dの将兵

晴賀俊介

徳川方の武将

那須伸太朗

豊臣方の武将

藤川弘

豊臣方の武将

江木健二

警固の武士

汐路章

川っぷちの武将

南方英二

徳川方の武士A

高根利夫

徳川方の武士B

阿波地大輔

東軍の武者一

鶴田涼一

東軍の武者二

松田利夫

東軍の武者三

江口音也バレエ団

徳川方忍者隊

作品データ

原題
Sasuke and his Comedians
製作年
1963年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.2

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?