凱旋門|MOVIE WALKER PRESS
MENU

凱旋門

1952年5月12日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「西部戦線異常なし」を書いたエリッヒ・マリア・レマルクのベスト・セラー小説の映画化で、第二次大戦前のパリ、リヴィエラを背景としたメロドラマ。脚色は「勇者のみ」のハリー・ブラウンが、監督のルイス・マイルストーン(「ラッキー・パートナー」)と協同した。撮影は「鉄路の弾痕」のラッセル・メティ、音楽はルイス・グリュンバークが担当。「白い恐怖」のイングリッド・バーグマンと「モナリザの微笑」のシャルル・ボワイエが主演し、以下「大時計」のチャール ズ・ロートン、「アニーよ銃をとれ」のルイス・カルハーンに、スティーブン・ベカッシー、カート・ボイス、リア・クマーラらが助演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1938年。第二次大戦勃発直前のパリは、各亡命者でごった返していた。オーストリア医師ラヴィック(シャルル・ボワイエ)も、ナチを逃れて不法侵入した1人で、旅券のないまま非合法手術のアルバイトで口を糊していたが、ある夜偶然、かつてナチの収容所で彼に死にまさる拷問を与えたゲシュタポの手先ハーケ(チャールズ・ロートン)をみつけ、忘れ得ぬ怒りが再びこみ上げてきた。その帰途ラヴィックはポン・ヌフで、男を失ったため自殺を図っている若いイタリア女ジョーン・マドゥ(イングリッド・バーグマン)を救った。彼女はラヴィックが忘れられず、それからも度々逢瀬を重ねるうち、次第に2人の仲は深まって、やがて断ち切りがたいものとなった。ラヴィックの友人モロゾフ(ルイス・カルハーン)の紹介で、ジョーンはカフェの歌手となり、ラヴィックと共にリヴィエラに恋の夜を過ごすことになったが、ある日偶然のことから彼の不法入国がばれ、即刻国外へ追放された。3ヵ月後彼がようやくパリへ戻って来た時、ジョーンは孤独にたえかねて富豪青年アレックスと同棲してしまっていた。彼女は再びラヴィックの元へ帰ろうとしたものの、嫉妬にかられたアレックスは彼女を手離そうとはしなかった。この頃ラヴィックは仇敵ハーケに再会、遂に計画通り、彼を殺害して宿願を果たした。その夜ニュースは連合国の対独開戦を伝え、眠っているラヴィックの枕元では、アレックスに殺されるというジョーンの電話が空しく鳴り続けた。翌朝、急を聞いて駆けつけたラヴィックは、嫉妬に狂った青年の手にかかって命をひきとるジョーンの最後をみとり、そして自らも敵国人として収容所にひかれていった。

作品データ

原題
Arch Triumph
製作年
1948年
製作国
アメリカ
配給
欧米映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?