ぐれん隊純情派|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ぐれん隊純情派

1963年7月27日公開,93分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

藤原審爾の同名の原作を増村監督、「温泉あんま」の小滝光郎が脚色、「嘘(1963)」の増村保造が監督した社会劇。撮影は「赤い水」の小林節雄。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

食いつめやくざのチンピラ銀之助、松、豊たちは、旅役者の銀三郎の父・中村妻三郎が死んだことを知り、渡りに船と一座に乗り込んだ。銀之助を座長に生まれ変った中村座は、元歌舞伎役者の雁右衛門をかつぎ出し、都営住宅の一室で勢揃いした。稽古を続けるうち松、豊も最初の金もうけの企みはどへこやら、今は芝居一途に真剣に取り組み、雁右衛門も死場所中村座と決めた。スタートは順調に進み炭坑町、温泉町でも中村座の評判は上々、明るい空気が楽屋中にみなぎった。だが、一座の好評を流れきいた興行師の大ボス、大森の中入れを銀之助がすげなく断わったことから、悪らつな妨害を受けるようになった。しょげきった一座も豊が工面してきた金で生気を取戻し、上州のある町にやって来た。その夜、病気で倒れた爺やを見舞った銀之助は病院長の一人娘雅子に一目惚れ。一方、土地でいい顔のお梅ばあさんが大森にしめだされた一座に同情、その骨折りで開幕することが出来た。ところが、町のボスで病院の顧問弁護士山下が暗躍し、このため興行は難航、二人の仲はさかれる破目となった。一座は堅く結束して町のボスと闘い、山下の行状と銀之助・雅子の純愛を取り入れた「上州夜話」を上演した。この熱演の反響は町の青年たちの強い支援を受け、町の世論は沸き立った。結果は雅子の父の心を動かし、警察署長の協力もあって、銀之助は父妻三郎に劣らぬ座長にまでのし上り、雅子ともめでたく結ばれることになった。

キャスト

本郷功次郎

本郷功次郎

中村銀之助

藤巻潤

藤巻潤

千波丈太郎

千波丈太郎

大辻伺郎

大辻伺郎

染公

当銀長次郎

当銀長次郎

十一郎

大川修

大川修

重夫

中村是好

中村是好

福太郎

二代目中村鴈治郎

二代目中村鴈治郎

雁右衛門

三条魔子

三条魔子

雅子

弓恵子

弓恵子

加代

浜田ゆう子

浜田ゆう子

京子

宮川和子

宮川和子

妙子

三木裕子

三木裕子

時子

須藤恒子

須藤恒子

お信

ミヤコ蝶々

ミヤコ蝶々

お梅

伊東光一

伊東光一

山下市之進

星ひかる

星ひかる

篠原院長

高村栄一

高村栄一

大森

杉田康

杉田康

菊一

春本富士夫

春本富士夫

稲村

花布辰男

花布辰男

警察署長

穂高のり子

穂高のり子

蘭子

町田博子

町田博子

お徳

小原利之

小原利之

興行師

三角八郎

三角八郎

兼松一夫

此木透

此木透

海老原

北城寿太郎

北城寿太郎

権田

谷謙一

谷謙一

木島

伊達正

伊達正

右門之丞

大山健二

大山健二

大田

夏木章

夏木章

東西芸能社社長

佐々木正時

佐々木正時

備前屋の主人

南方伸夫

南方伸夫

日本興業社長

橋本力

橋本力

権田組幹部A

隅田一男

隅田一男

権田組幹部B

槙俊夫

槙俊夫

権田組幹部C

工藤堅太郎

工藤堅太郎

権田組若い者A

一ノ瀬賢

一ノ瀬賢

権田組若い者B

中原健

中原健

権田組若い者C

森一夫

森一夫

権田組若い者D

後藤武彦

後藤武彦

権田組若い者E

井上大吾

井上大吾

権田組若い者F

真塩洋一

真塩洋一

権田組若い者G

長谷川峯子

長谷川峯子

掃除中の女の子

飛田喜佐夫

飛田喜佐夫

写真屋

網中一郎

網中一郎

客A

佐藤八郎

佐藤八郎

客B

原田玄

原田玄

客C

篠崎一豊

篠崎一豊

客D

響令子

響令子

木賃宿の女中

守田学

守田学

刑事

松村若代

松村若代

土地の女A

竹里光子

竹里光子

土地の女B

池上多加子

池上多加子

料亭の女中

三島愛子

三島愛子

宿屋の女中

山中雄司

山中雄司

青年A

仲村隆

仲村隆

青年B

藤山浩二

藤山浩二

青年C

小山内淳

小山内淳

新聞記者

早川雄三

早川雄三

週間誌記者

中条静夫

中条静夫

プロデューサー

河原侃二

河原侃二

町長

作品データ

製作年
1963年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
93分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?