アスファルト・ガール|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アスファルト・ガール

1964年4月18日公開,88分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「剣」の舟橋和郎がオリジナル・シナリオを執筆「末は博士か大臣か」の島耕二が監督、ミュージカルシーンをロッド・アレキサンダーが監督したミュージカル。撮影は「女が愛して憎むとき」の小原譲治。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

観光ガイド嬢エミ子は、他の仲間銀子、ヒロ子、朱実、れい子達の楽しそうな仕事の話題から一人離れて、坐っていた。エミ子はレディ気取でいつも仕事にあぶれるのだ。しかし、或る夜エミ子にお客がついた、星野というブラジル帰りの、コーヒー園を経営する青年紳士だ。星野は久し振りに帰国すると、友人に結婚を迫られ、とうとう恋人がいると断った。友人達に星野はその恋人を紹介するよう迫られると、公衆電話の中にあった“ガイド嬢紹介”のカードからエミ子に電話したのだった。しかし星野は一目で彼女の一美しさに魅せられてしまった。友人達に囲まれて乾杯の酒に酔ったエミ子は、星野に親切にされて、彼女も初めてバラ色の人生を迎えた。星野は、彼女をブラジルに連れて帰ろうと思ったが、彼女は自分の過去を記憶喪失性のせいにして、話そうとしなかった。が、ついに彼の誠意に負けて、ガード下で靴磨きをしていた昔を話した。しかし星野は、「昔のことは問題ではない、自分もコーヒー園が破産して、今は無一文だ」と告白した。感激したエミ子は、星野が乗って行く船に同乗することを約して、準備のため帰ったが、事務所ではボスがエミ子を部屋に閉じこめてしまった。ようやくの思いで埠頭に立った時、船は港を離れいてた。うなだれるエミ子を埠頭に立って待っていた星野がそっと抱いた。

作品データ

原題
Asphalt Girl
製作年
1964年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
88分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?