ガンファイトへの招待|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ガンファイトへの招待

1965年2月11日公開,0分
  • 上映館を探す

ハル・グッドマン、ラリー・クレキンの共同原作、アルビン・サピンスレイの翻案から、「街中の拳銃に狙われる男」のリチャード・ウィルソンが、夫人のエリザベス・ウィルソンと共同で脚色監督した西部劇。撮影はジョー・マクドナルド、音楽はデイヴィッド・ラクシンが担当した。出演は「荒野の七人」のユル・ブリンナー、「史上最大の作戦」のジョージ・シーガル、ジャニス・ルール、「荒野の七人」のブラッド・デクスターほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南北戦争が終わって、ニューメキシコの故郷の町ペコスに帰ってきたマット(ジョージ・シーガル)は、自分の農場が敵方の財産という名目で売られているのを知り驚いた。犯人は町の銀行家のブリュスター(パット・ヒングル)。そのうえ応召前の恋人ルース(ジャニス・ルール)がクレーン(クリフォード・デイヴィッド)という男の妻になっていた。農場を買ったメドフォードも悪人で、話があるとマットを呼び寄せ、隙を見て射とうとしたが、逆にメドフォードが殺された。マットはたちまち冷血漢として町中の噂のまとになった。デスタイン(ユル・ブリンナー)という名うての拳銃使いが町へ流れてきたのはこのころだった。ブリュスターは、マット殺しには絶好の人物と、早速大枚の金と引きかえに話をもちかけた。デスタインは最初この話を一蹴したが、ふとみかけたルースの美しさにひかれてひきうけた。デスタインの行動はたちまち町中の反感を集めてしまった。ことに憤慨したのは、クレーンだった。彼はブリュスターをそそのかし、逆にマットを殺し屋に雇い入れてデスタインを町から追放しようともちかけたがマットは拒絶した。自らデスタインに挑戦して、クレーンが命を失ったのはその後間もなくだった。マットとデスタインの対決の時が来た。だが、真相を知ったデスタインは決闘に応じようとしない。しかし、遅かった。緊張が破れてマットの弾はデスタインに致命傷を与えた。瀕死の息の下からデスタインは、町民にブリュスターの悪事を白状させ、こときれた。ブリュスターはいきなり拳銃をマットに向けたが、マットの拳銃の方が早かった。戦争に中断されたマットとルースの愛が再び花開く日も遠くはないだろう。

作品データ

原題
Invitation to a Gunfighter
製作年
1964年
製作国
アメリカ
配給
ユナイテッド・アーチスツ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?