背後の人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

背後の人

1965年2月28日公開,93分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

有馬頼義の同名小説を「金の実る樹に恋が咲く」の津久田一正と「裸一貫」の八木美津雄が共同で脚色、八木美津雄が監督した社会ドラマ。撮影はコンビの平瀬静雄。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

北支戦線で負傷した志戸は、除隊すると戦争も末期に近い頃雅代と結婚した。だが、その雅代とは空襲で死別し、志戸は終戦二十年を過ぎた今、砲弾の破片を摘出するため、入院生活を続けていた。色彩のない青春を送り、作家志望の挫折文筆家志戸は、この病院の看護婦井浦水奈子の親切な看病で、再び生きる喜びを与えられ、快方に向った。入院中、志戸は温湿布の治療に従事する泉田正明という無口な中年の男を知った。暗い影を持つその男に、志戸は自分と同じ戦争の傷跡を見る思いで、興味をもった。無事退院した志戸は、実業家沢田の伝記を書きつづけるかたわら、水奈子に日増しに魅かれていった。だが志戸の求愛を受けた水奈子は固くそれを拒絶し「今年のクリスマスイブまで待って」と言うとその理由を語らず、志戸から遠のいていった。不信を抱いた志戸は、看護婦で水奈子と同室の緒方路子の応援を得て、水奈子が湿布室の泉田のもとへ通うのをつきとめ、水奈子とこの男の間に、男女関係ではない重要な謎があることを探知した。水奈子が北九州出身であることを知った志戸は、沢田の取材もかねて、北九州にとび、新聞社の協力を得て、驚くべき事実を知った。一五年前のクリスマスイブ、井浦家に乱入した米兵が、母親に暴行しようとしたのを目撃した長男市太郎が、兵隊を殺害し、逃走したという事件だ。そして、今年のイブで市太郎は時効となるのだった。そしてその市太郎こそ泉田正明の本名なのだ。志戸は、必死で生きて来た水奈子兄弟に同情すると、帰京し市太郎に近づこうとしたが、逃げまわって十五年過した市太郎には、あと三日で無罪という日を前に、信用出来るものはなかった。志戸と水奈子の止めるのも聞ず、二人のもとを逃げた市太郎は、疲労からついに無罪となる日を前に昏睡状態を続けていた。側で見守る水奈子、志戸の心の中も知らぬまま、市太郎は恐怖におののきながら息をひきとった。水奈子は、兄の支えになれなかった自分を責めると、志戸に別れを告げて去っていった。

作品データ

製作年
1965年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
93分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?