キャット・ピープル(1942)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

キャット・ピープル(1942)

1988年5月3日公開,73分
  • 上映館を探す

猫族に生まれた女性の苦悩と恐怖を描くホラー映画。製作はヴァル・リュウトン、監督はジャック・ターナー、脚本はダウイツト・ボディーン、撮影はニコラス・ミュスラカ、音楽はロイ・ウェッブが担当。出演はシモーヌ・シモン、ケント・スミスほか。日本版字幕は辻美奈子。モノクロ、スタンダード。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

技師のオリヴァー(ケント・スミス)は、セントラル・パークで黒豹の写生をしていたイレーナ(シモーヌ・シモン)と知りあい、やがて結婚するが、猫族の末裔というイレーナは、自分が興奮すると黒豹に変化するのではないかと苦悩し、オリヴァーにすすめられ精神分析医ジャッド(トム・コンウェイ)の診療をうけるが、恐怖は消えず、彼女の心理状態は悪化する。オリヴァーの心も次第に沈みがちになり、そんな彼を同僚のアリス(ジェーン・ランドルフ)が慰めるが、彼女とオリヴァーの談笑の現場をイレーナが目撃したことにより、以来夜道を歩いていたり、プールで泳いでいる時に、アリスは何者かの存在を感じて恐怖にかられる。しばらくしてオリヴァーがイレーナに離婚話を持ちかけた夜、残業するオリヴァーとアリスを黒豹が襲うが事なきを得た。ある日イレーナはジャッドに犯されそうになった時、黒豹に変身して彼を殺害してしまう。その後イレーナは、セントラル・パークの黒豹を檻から解放してやるのだった。

作品データ

原題
Cat People
製作年
1942年
製作国
アメリカ
配給
IP
上映時間
73分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • キネマ白道

    5
    2013/5/27

    だがシモーヌシモンが

    猫(豹)に変身する場面はじつは無い。

    あくまでも暗示として

    変身するということになっているだけ。

    だからこの映画は

    心理映画で

    彼女の心理面で
    妄想として

    猫変身をとらえることもできようか?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告