一万三千人の容疑者|MOVIE WALKER PRESS
MENU

一万三千人の容疑者

1966年9月8日公開,87分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1965年に解決した「吉展ちゃん事件」の主任刑事、堀隆次の捜査手記を原作に、「複雑な彼」の長谷川公之がシナリオを執筆。「流れ者仁義」の関川秀雄が監督した、実話に基づくドキュメント・ドラマ。撮影は「遊侠三代」の飯村雅彦。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

四月一日の夕刻、下谷署はにわかに緊張した。誘拐事件らしいとの情報に、捜査本部を設けるやいなや、東北なまりの男が五十万円の身代金を要求してきたのだ。さっそく指定場所に張りこんだが犯人は現れなかった。その夜警視庁の鬼刑事といわれる、堀塚部長刑事は、若い高井刑事をともない、悲痛な気持で誘拐された明彦ちゃんの家を訪ねた。そして悲しさを押しかくし、心から両刑事を迎え捜査陣に協力する母親村山敏子の姿に、二人は早期解決を強く誓うのだった。一週間後の四月七日、またしても例の男が五十万円を要求してきた。今度こそはと、捜査陣の体制は完璧で犯人の現れるのを待つばかりだった。ところが、はやる気持を押さえかねた敏子の行動のため、僅か三分の間に犯人と五十万円は消えてしまった。前例のない捜査陣の失態、世間の非難は捜査陣に集中した。ことここに至っては、公開捜査しか残る方法はなかった。一万三千人のブラックリストが作成され綿密な身辺捜査が始まった。その結果、小畑守に焦点がしぼられ逮捕は時間の問題となった。小畑は、五十万円が消えた翌日、情婦の千代に二十万円を渡していたし、小畑のアリバイもでたらめだったのだ。しかし、あと一歩と追いつめながら、小畑をクロと断定できるだけの証拠は、どうしても揃わなかった。こんな状態の堀塚に「現場百回」、いわゆる“足”しか頼るものはなかった。堀塚の執念に小畑は遂に白状した。しかし明彦ちゃんは、殺されてしまっていた。明彦ちゃんの死をまのあたりにして堀塚は、二年有余の厳しい苦労が、消えるどころか数倍になって肩にかかってくるのを感じた。明彦ちゃんが眠る円通寺の墓地を横目に、村山家に犯人逮捕の報告にいく堀塚の心中は複雑だった。

作品データ

原題
A Thousand Suspects
製作年
1966年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
87分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?