侠骨カービー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
侠骨カービー
侠骨カービー

侠骨カービー

1923年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ハリー・レオン・ウィルソン氏とブース・ターキントン氏の合作に成る舞台劇に基づきロバート・N・リー氏が脚色し、最近「鉄路万里」を監督して名を挙げたジョン・フォード氏が監督の任に当たった。主役は「巌窟王(1922)」「狼の血」「ブロードウェイ颪」等出演のジョン・ギルバート氏と、「勇気凛々」「ロビンソン・クルーソー漂流記」等出演のガートルード・オルムステッド嬢で、その他アラン・ヘール氏、リチャード・タッカー氏、フィリップス・スモーリー氏等が共演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ミシシッピー河を上下する蒸気船の上でジョン・ランドール大佐は有名な博奕打ちのモロー大佐と骨牌のゲームで大金を奪われた。侠気をもって聞こえた博奕打ちのカメオ・カービーも勝負に加わって、モローの手からランドール大佐の奪われた金を全部取り戻してそれを大佐に返そうと思っていたが、ランドールは総ての財産を奪われたと信じて自殺してしまう。大佐の息子はカービーを父の仇きと疑って、決闘をしようとまでしたが、やがてカービーの真情は判って、彼と大佐の娘アデールとの間には美しい恋の花が咲く。

作品データ

原題
Cameo Kirby
製作年
1923年
製作国
アメリカ
配給
フォックス支社輸入
上映時間
0分
製作会社
フォックス映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?