こわしや甚六|MOVIE WALKER PRESS
MENU

こわしや甚六

1968年6月15日公開,88分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

花登筐の原作を、長谷部利朗、森崎東、宮田達男の三人が共同で脚色し、「悪党社員遊侠伝」の市村泰一が監督したコメディ。撮影は「夜明けの二人」の川又昂。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

富山甚六は、マンモス企業大東亜産業の資料係というさえない仕事をしていた。仕事は遅いし、金はない、女にゃもてぬ甚六は、お茶くみの女の子にも馬鹿にされている存在だった。その甚六にも生き甲斐はあった。いかなることをも“コワす”ことに情熱をかけていたのである。バーのホステス君子に頼まれて、ホテルで行なわれている結婚式をぶちこわしたり、社内派閥の分離の策動、香川部長の二号と、その間男の仲を割いたり、いろいろな“こわし”の仕事があった。甚六にそれらの仕事を持ち込んでくるのは、情報屋である。そんなある日、甚六は大東亜産業の子会社大兵建設の社長秘書成美と知りあった。驚いたことに、成美は甚六の初恋の女教師美代子の一人娘だった。彼女は騙されて自殺した母の復讐のため大兵建設に入り、会社の不正を、秘かに調査していた。甚六は、早速成美に協力することにした。こわしにかけては迅速な甚六の行動によって、間もなく、大兵建設が大東亜産業のトンネル会社であり、数億円の金を不正に操作していることが分った。手に入れた証拠物件は、成美が兵庫社長の人質になってしまったことから、兵庫に渡さねばならなくなってしまった。しかし甚六は自分を亡き者にしようと狙う兵庫の裏をかいて、情報屋や子分の三平とともに、無事成美を奪い返した。こうして兵庫一味は逮捕され、事件は当然、大東亜産業にも波及し、部長や専務は検察庁にひったてられていった。それを会社の片隅で見送っていた甚六は、成美の心を射止めて有頂天だった。

作品データ

原題
Relationship Wrecker
製作年
1968年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
88分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?