ある見習看護婦の記録 赤い制服:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ある見習看護婦の記録 赤い制服
ある見習看護婦の記録 赤い制服

ある見習看護婦の記録 赤い制服

1969年4月19日公開,84分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ガメラ対大悪獣ギロン」の高橋二三が脚本を執筆し、主として増村保造の助監督をつとめていた臼坂礼次郎の監督昇進第一作。撮影は「蛇娘と白髪魔」の上原明。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

女子高校を卒業した志村、大竹、五条、重岡、蒲原が見習い看護婦になった時、病院では総婦長の選挙戦がたけなわ、五人の浮動票の動きは注目の的だった。ところが、彼女たちは勝手気ままに行動し、買収にかかる婦長連を悩ませた。患者に、全快したが再起不能と思いこんでいる不思議な男矢崎がいた。大竹は、いつも車椅子を使っている彼を歩かせようと一計を案じ、彼のベットに置手紙をした。それは、午前二時、看護婦宿舎の脱衣所をのぞいてみよ、というものだった。これを見た矢崎は、早速隣りの三谷を偵察に行かせた。その頃、脱衣所では、大竹がストリップさながらの姿でテープに合わせて踊っていた。それからというもの、夜毎夜毎に見学者はふえる一方、やがて、矢崎を一人だちさせた。ことほどさように五人娘の治療法は変っていた。これに怒ったのは、内科婦長のおヒスの局と産婦人科婦長のおゲルの局。ところが、五人は浮動票。色気や漢方薬で治療されては、現代医学の名おれであるといきまくものの、彼女たちの行動をとめることはできなかった。

作品データ

製作年
1969年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
84分
製作会社
大映東京

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?