ヤングパワー・シリーズ 新宿番外地|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヤングパワー・シリーズ 新宿番外地

1969年10月18日公開,94分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ある女子高校医の記録 続・妊娠」の高橋二三と帯盛迪彦が、脚本、監督を担当した新シリーズ第一作。撮影は、「女殺し屋 牝犬」の中川芳久が担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

荒垣健二郎は、一カ月前に家出した恋人・山代ユリを捜しに、上京した。新宿の街に現われた一郎は、チンピラに襲われたが、夏井わか代に助けられた。わか代は彼をアパートに同居させ、ユリ捜しに協力するという。その翌日、学生金貸し平山和夫に案内されて、街を歩いていた健二郎は、前夜のチンピラの一人、辰三と出会った。ユリの写真を見せると、辰三は、彼女は死んだと答えた。健二郎は、淀橋警察署で、ユリがフーテンスタイルで、ビルの屋上から転落死したことを確認した。彼は、そのビルの屋上で、復讐を決意した。その翌日、健二郎は、ユリの処女を奪ったアングラ劇団の座長団悪之介を詰問した。次の日、悪之介の口から、ユリがアングラ劇団をやめた後民謡喫茶に勤めたと聞き、その店のマネージャーに、ユリの消息を尋ねた。ユリは、にせべ平連に加わったと聞いて、健二郎は、その事務所に忍び込んだ。しかし、発見されて、リンチにあった。そして、彼らの口からユリが喜こんで、アメリカ兵に抱かれていたと聞かされ愕然とした。やがて、辰三の助けで、健二郎は脱出した。三日後、健二郎は、フーテンのグループの中の一人・パンチョから、ユリがリリーと名を変え、ラリっていたことを知らされた。パンチョの持っていたユリの日記から彼女の死因が、やはり自殺だったことを知り、絶望した健二郎は、帰郷を決意した。が、他のやくざの出入りで傷ついた健二郎を、辰三がいきなり刺した。一匹狼の健二郎を刺して、男を上げたいためだった。

作品データ

製作年
1969年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
94分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?