抱寝の長脇差|MOVIE WALKER PRESS
MENU

抱寝の長脇差

1960年1月29日公開,75分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

長谷川伸の原作を、「花の幡随院」のコンビ鈴木兵吾と本山大生が脚色し、「巌流島前夜」の大曽根辰保が監督した股旅もの。撮影は「剣風次男侍」の倉持友一。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

磯の源太は、五年前、代官をふとしたことから斬った。そのため、板前の職を捨て料理屋茗荷屋を飛び出して、やくざになったのだ。今、荒れ果てた茗荷屋の前に立った源太は、叔父与平から事情を聞かされて驚いた。茗荷屋は源太が姿を消した翌日に所払いとなり、惣兵衛、お露の親娘は土地を去り、その後惣兵衛は死んだという。源太は矢切の伝右衛門一家を訪れた。しかし、面倒を見てくれた伝右衛門はすでに死に、乾分の大半は矢切一家と対立する宮久保一家に移っていた。そして、一家の双壁勘太郎と弥吉のうち、勘太郎は伝右衛門の娘お志乃と一緒になり、天神社の祭礼の日、矢切四代目跡目相続の披露をすることになっていた。ある夜、弥吉と勘太郎に連れられ居酒屋に行った源太は、酌婦になっているお露にめぐり逢った。彼は深く詫びた。--代官と結託、矢切一家の財源である天神社を自分のものにしようと狙う宮久保長次郎は、弥吉を闇討ちで殺した。そして、源太が現場に居合せたことや、お露のかんざしを乾分が手に入れたことを利用し、下手人は源太だときめつけた。これを知らぬ勘太郎は源太に斬りつけた。逃れた源太は、やがて宮久保の乾分の一人を捕え、長次郎の意をうけた下手人をつきとめた。誤解をといた勘太郎も詫びを入れ、二人は天神社での宮久保一家との決戦に向った。勿論、宮久保一家は総崩れ、矢切一家は無事天神社の祭礼を迎えた。勘太郎、お志乃の披露が盛大に行われ、渡し場では長脇差を捨てた源太と、お露の新しい門出をする姿があった。

作品データ

製作年
1960年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
75分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?