警視庁物語 血液型の秘密 聞き込み|MOVIE WALKER PRESS
MENU

警視庁物語 血液型の秘密 聞き込み

1960年6月21日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

警視庁物語シリーズの第十三十四話。「男は騙される」の長谷川公之の脚本を、「警視庁物語 深夜便一三〇列車」の飯塚増一が監督し、「消えた密航船」の三村明が撮影した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

◇血液型の秘密 野犬が嬰児の死体を発見した。死後三日、血液型はO型だった。林・金子刑事は、嬰児のおむつの、酒屋“伊浪”と書かれた手拭を手がかりに、親許を洗った。長田・山形刑事は嬰児の肩にあるあざを手がかりに捜査した。二組の捜査班がアパートひかり荘で顔を合わせた。ひかり荘に住む吉本夫婦の子供だったのだ。夫婦は留守だった。吉本は女を作り、半年前から妻と別居中だった。母親安子は事件の三日前に吉本に赤ん坊を押しつけてきたとか。さらに、当日吉本から安子へ電話があったことが分った。安子は一時、勤務先の所長野崎と同棲していたという。吉本は小料理屋に下宿していたが、店の道子と関係を結んでいた。道子は妊娠四カ月。安子が轢死体となって現われた。遂に吉本がアパートへ姿を現わした。安子に電話したのは、安子と手を切るため、安子に野心をもつ野崎に合わせるためだったといった。子供も、自分の子か野崎の子か分ったものではないと言い張るが、血液型はO型だった。折も折、野崎と安子らしい男女が泊ったという旅館の女中が現われた。事件の当日なのだ。しかし、真相は意外なところにあった。安子が親子心中を図り、赤ん坊を殺したがその時は自殺することができず、その後鉄道自殺したのだった。赤ん坊は吉本の子だった。◇聞き込み 靴屋の石川平作が溺死体となって発見された。彼の所有する土地が何者かによって売却されていた。計画的殺人と思われた。捜査班は犯人の逃亡を怖れ内密に活動を始めた。平作の土地はクリーニング屋が買っていた。平作の息子石川一郎と名のる男から買ったという。平作は独身だった。が、石川一郎に土地売却を頼まれたブローカー小野が語る石川の人相はまるでちがう。平作に靴直しを頼んだ踊子の靴が、古道具屋で発見された。古道具屋の主人の語る石川の人相は、クリーニング屋の証言と一致した。小野はなぜ嘘をついたか。小野は偽名を作っていた。本名は秋田清、地面師の前科があった。長田・金子刑事は、事件の夜、平作が梅寿司に姿を見せ、二人前の寿司を注文した事実をつかんだ。寿司を届けたというアパートの部屋、そこは嬰児殺し事件で顔なじみとなっていた吉本と道子が住んでいる一室だった。道子が連行され、遂に平作殺しの全貌を自供した。平作の土地に目をつけた吉本は、道子を使って平作をアパートへ誘惑、湯漕に沈めて殺害したという。それを多摩川に投げこんだのだ。秋田は、吉田とかつて同僚であり、吉本の犯行を成功させ、儲けの二割を得ようとしたのだ。捜査本部は、吉本の新しい女邦子を通して吉本を呼び出し、逮捕した。

キャスト

松本克平

松本克平

捜査一課長

神田隆

神田隆

捜査主任

堀雄二

堀雄二

長田部長刑事

中山昭二

中山昭二

山形刑事

花澤徳衛

花澤徳衛

林刑事

山本麟一

山本麟一

金子刑事

須藤健

須藤健

渡辺刑事

佐原広二

佐原広二

高津刑事

片山滉

片山滉

法医技師

小嶋一郎

小嶋一郎

キャメラマン

南川直

南川直

新聞記者

多摩井敏

多摩井敏

警察犬係員

打越正八

打越正八

酒屋主人

小甲登志恵

小甲登志恵

主婦

大東良

大東良

魚屋の主人

八百原寿子

八百原寿子

妊婦

佐藤淑子

佐藤淑子

看護婦

松村達雄

松村達雄

医師

曽根秀介

曽根秀介

ひかり荘管理人

沢村貞子

沢村貞子

ひかり荘隣のおかみさん

谷本小夜子

谷本小夜子

東郊不動産女子事務員

織田政雄

織田政雄

安子の父

利根はる恵

利根はる恵

安子の義母

星美智子

星美智子

「浮世」の松江

小林裕子

小林裕子

旅行案内所女子所員

大木史朗

大木史朗

共稼ぎの夫

三瀬滋子

三瀬滋子

共稼ぎの妻

山東昭子

山東昭子

民謡酒場の光子

こまどり姉妹

こまどり姉妹

民謡歌手

植田貞光

植田貞光

私服警官

岡野耕作

岡野耕作

パトロールの警官

三戸部スエ

三戸部スエ

旅館の女中

今井健二

今井健二

吉本信彦

東野英治郎

東野英治郎

野崎

田中恵美子

田中恵美子

宏子

久淑子

久淑子

安子の義妹

五月藤江

五月藤江

松木うめ

沖野一夫

沖野一夫

石川平作

藤山竜一

藤山竜一

クリーニング屋の主人

菅井きん

菅井きん

クリーニング屋のおかみさん

青山定司

青山定司

鳶の男

山村聡

山村聡

丸山

梅津栄

梅津栄

若い者・三郎

岡本四郎

岡本四郎

安アパートの学生

柳谷寛

柳谷寛

泉(住宅社)

小金井秀春

小金井秀春

泉の同業者

醍醐都子

醍醐都子

現地案内所女事務員

奈良あけみ

奈良あけみ

本田幸子

石島房太郎

石島房太郎

古道具屋の主人

不忍郷子

不忍郷子

小春のおかみ

牧野内とみ子

牧野内とみ子

小春の小女

成瀬昌彦

成瀬昌彦

寺本一平

光岡早苗

光岡早苗

はる江

杉義一

杉義一

梅寿司のおやじ

小林テル

小林テル

梅寿司のおかみ

植松鉄男

植松鉄男

梅寿司の小僧

並木和子

並木和子

邦子

八代万智子

八代万智子

道子

大村文武

大村文武

小野昭(秋田清)

作品データ

製作年
1960年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?