元禄女大名(1960)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

元禄女大名(1960)

1960年9月9日公開,83分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

松村正温と西村八郎の共同脚本を、「怪談累が淵(1960)」の安田公義が監督したミュージカル型式の時代劇。「続次郎長富士」の牧田行正が撮影した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

奥州結城藩二万石は、関ヶ原合戦に結城備前守が危機に陥った家康公を背負い「相馬盆歌」を唄って敵中を突破した功によるものだった。その孫娘月姫は美人であるが剣術気違い、自分より強い人でなくては嫁に行かないと各藩の若殿を見合の席上で片っぱしから試合でやりこめていた。祖母蓮昌院は隣藩佐伯家の若殿源三郎をしきりに勧めるが、姫は一顧もしない。そんな最中、幕府から即刻出府の厳命が下った。月姫に花婿を押しつけるためである。この月姫出府に結城藩江戸邸は大騒ぎになった。月姫の妹・琴姫には篠原主馬という恋人がいるが、月姫の人物試験に見事落第。足軽源平が歌う結城藩の国歌相馬盆歌を聞いて月姫は、以後当藩においてこの歌を唄った者は打ち首と厳命した。そんな頃老中の分家堀越近江守が、腕の立つ家臣高梨、徳田、土川の三人を連れて乗り込んで来た。高梨に敗れた月姫に養子縁組を申しでた。が、そっちが代理ならこっちも代理と、足軽の源平が三人を打ちすえてしまった。しかし、月姫の美貌にうちこんだ近江守は老中に泣きついた。老中に迫られた月姫は咄嗟の機軽で佐伯源三郎の名をあげた。かくて月姫は国へ帰って佐伯家と縁組をしなければならなくなった。最後の我儘と一人で国許へ旅立つことにするが、琴姫の命令で源平が供をすることとなった。月姫と源平二人の珍妙な喧嘩旅がはじまった。月姫略奪の命を受けて後を追った高梨の一行は源平の働きによって追い払われた。この喧嘩旅も無事結城藩に着いたため終りになった。月姫は源平を愛していることを知るがあまりにも身分が違い過ぎるためどうすることもできなかった。それから十日目--佐伯源三郎が婿として乗り込んできた。顔を上げる姫の前に源平の雄々しい顔があった。

作品データ

製作年
1960年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
83分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?