暁の偵察|MOVIE WALKER PRESS
MENU
暁の偵察
暁の偵察

暁の偵察

1930年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「棘の園」「愛の曳綱」と同じくリチャード・バーセルメス氏主演映画で「空中サーカス」「港々に女あり」のハワード・ホークス氏が監督、「愛の曳綱」「棘の園」のアーネスト・ホーラー氏が撮影した。ジョン・モンク・ソーンダース氏の原作をホークス氏がダン・トザロー氏、シートン・I・ミラー氏と共に脚色したものである。助演者は「恋多き女」のダグラス・フェアバンクス・ジュニア氏、「最敬礼」のウィリアム・ジャニー氏、クライド・クック氏等である。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西部戦線に在る英国陸軍第59飛行中隊司令官ブランド少佐は自分が首斬役人であるような気がして日夜懊悩していた。それは部下の若い士官達が粗悪な飛行機に乗っては片っぱしから射落されて死んでしまうからである。彼が片腕と頼むコートネーと彼とは親友同士であるが恐怖すべき塹壕生活のために異常な精神的昂奮に驅られて毎日のように争論していた。或日コートネーは親友スコットと共に少佐の命令を無視して獨軍塹壕上に飛行して、九死に一生を得て帰って来た。その時司令官の地位を辞したブランドは憤ってコートネーに司令官たることを命じた。コートネーは責任ある地位に置かれて煩悶し飲酒に耽る。連合車の空車は形勢日に非となり、或日全員出動命令が下った。新たに赴任したスコットの弟ゴードンは実戦に経験が無いので兄はコートネーに弟を殺さないで呉れと頼んだ。併し命令は絶対でコートネーは心ならずもゴードンを死地に赴かせた。この為スコットとコートネーとは反目するに至った。帰休していたブランドが獨軍々需品倉庫爆破の命令をもってやって来た時、スコットは弟の弔い戦とばかり此の難事を引受けた。コートネーは自ら行くためにスコットを酔い潰させ、敵地五十基米にある倉庫の爆破に成功した。そして彼は自分の生命をその犠牲として捧げたのである。

作品データ

原題
The Dawn Patrol
製作年
1930年
製作国
アメリカ
配給
W・B・F・N社輸入
上映時間
0分
製作会社
ファースト・ナショナル映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?