トラン・ブーラン 月の光:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
トラン・ブーラン 月の光
トラン・ブーラン 月の光

トラン・ブーラン 月の光

1954年9月21日公開、92分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

速水五郎の原作を「重盛君上京す」の岸松雄が脚色を「花と波涛」の松林宗恵が監督、「一等マダムと三等旦那」の西垣六郎が撮影に当る。「乾杯!女学生」の雪村いづみと「芸者秀駒」の小笠原弘が主演し、「関八州勢揃い」の沼田曜一、「泥だらけの青春」の殿山泰司と加東大介、「恐怖のカービン銃」の三原葉子等が出演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

夜学教師の小林は街でトラン・ブーランのレコードを聞いて、想いを十余年前の南方に馳せた。その頃マライの一集落に小林達の部隊が駐屯し、彼は日語学校の教師を命ぜられた。ベルダはその生徒だったが、両親を日本軍に殺された彼女は深い恨みを持っていた。彼女の兄アリは結婚費用欲しさにゲリラに加わって捕えられたが、小林は彼を釈放し逆スパイとしてゲリラ隊に戻した。然しそれがばれてアリとベルダが危くなった時、出動した駐屯隊にゲリラは全滅させられたが、小林は傷いて倒れた。ベルダの献身的な看護で傷はいえ、彼女はいつしか小林に思慕を寄せるようになった。然し小林はただ彼女の上に国の妹を偲び、妹として愛していたのだ。それにあきたらぬベルダは、アルナンドとサリナンの二人が結婚を申込んでいるけれど、どうしたらいいかと小林に相談した。彼が二人を呼んで訳を話すと、二人には夫々許婚があり、ベルダは小林を好きなのだと答えた。小林はベルダを呼んで、明日の命も知れない自分を慕ってはならぬと説き聞かすため、彼女に村はずれの小沼のほとりで待てと通知した。胸おどらせて待つベルダの許に小林は現れなかった。急に某地へ転進の命令が出たのだ。それを知ったベルダが駆けつけたとき、小林をのせたトラックは見る見る遠ざかり、二人はついに再び会えなかった。わびしい夜学の教壇の上で、今彼はベルダの歌うトラン・ブーランの歌に胸をせめつけられる思いだった。

作品データ

製作年
1954年
製作国
日本
上映時間
92分
製作会社
新東宝

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?