あんみつ姫|MOVIE WALKER PRESS
MENU

あんみつ姫

1954年11月10日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

雑誌「少女」所載の原作を、「宮本武蔵(1954)」の若尾徳平と、「潜水艦ろ号 未だ浮上せず」の新井一が共同で脚色し、「こんな奥様見たことない」の仲木繁夫が監督する。撮影は「その後のウッカリ夫人とチャッカリ夫人」の遠藤精一。出演者は、「トラン・ブーラン 月の光」の雪村いづみ、「たん子たん吉珍道中」の小畑やすし、松島トモ子、「潮騒(1954)」の久保明、「天国と地獄」の丹下キヨ子のほか、歌のおばさんの松田トシ、藤原釜足、沢村みつ子、益田喜頓、瀬川路三郎、有島一郎など。?(前編「甘辛城の巻」63分公開:1954年11月10日、後編「妖術競べの巻」65分公開:1954年11月23日)

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昔々、甘辛城では城主あわのだんごの守をはじめ、領民も皆善人で平和だったが、殿様の発明狂と一人娘あんみつ姫のおてんばが、いつも奥方甘茶の方を悩ませていた。姫は教育掛のカステラ夫人と小倉ようかんをまいて、甘栗之助やまんじゅうと城下へぬけ出すのが好きだった。殿様が発明した、品物が四倍に増える「バイバイ薬」が完成すると、隣国の黒雲城は、これを盗もうとしはじめた。黒雲城主鬼塚刑部は、兄の城主を毒殺して城を乗っ取り、兄の遺児すみれを奥方お熊の方と事々にいじめていた。すみれの兄弓太郎が成人して武者修業の旅から帰って来、刑部とお熊の方は弓太郎を亡きものにしようとするが、それに感づいて弓太郎、すみれは城を逃げ出した。途中、妖術師甚内のためにすみれは囚われ、弓太郎は谷底へ落ちるが、怪人に救われ甘辛城下へ辿りついた。弓太郎はお忍びで外出中のあんみつ姫と知り合うが、あんみつ姫は甚内の化けた軽業師の魔法の箱に悪戯半分に入り、そのために甚内に囚われてしまった。弓太郎は姫を救いにとび込んだが、甚内は姫を抱いて雲にとび乗った。姫の運命は

作品データ

製作年
1954年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?