お月様には悪いけど|MOVIE WALKER PRESS
MENU
お月様には悪いけど
お月様には悪いけど

お月様には悪いけど

1954年12月29日公開,67分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

柳沢類寿の脚本を新人堀池清が監督する歌謡喜劇で、撮影は「学生心中」の中尾利太郎、音楽は「懐しのメロディー」の古賀政男が担当する。出演者は「チャッカリ夫人」の若原雅夫、「こんな奥様見たことない」の神楽坂はん子、「結婚期」の十朱久雄、「潮騒(1954)」の沢村貞子、「愛」の津村悠子、「女人の館」の小田切みきのほか、東谷暎子、島秋子など。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

レスラーの契約に渡米したツルカメ興行の社長鶴田亀造は、帰りの旅客機の中で、馴染みの芸者小はんにそっくりの、春雨いと子という洋裁学院長と知合った。社長秘書の桑原昭太郎は、はと子社長夫人から云いつかって、何時も社長の浮気を見張っていたが、この旅客機のエアガールあき子は彼の恋人であった。亀造がいと子に色眼を使う間に、昭太郎も秘かにあき子と愛の言葉を交していた。さて、東京へ帰って来た亀造は、また、小はんを相手に浮気をはじめるが、怒るはと子の術策で小はんには好きな人があると偽らせ、二度と亀造と会わぬ様に小はんに約束させた。ところが一方、春雨いと子は色仕掛けで学院のために融資させようと、亀造を誘惑した。小はんと瓜二つのいと子と一緒に居る夫の姿を見て、はと子は烈火の如く憤激し、昭太郎に命じて小はんの許へ手切金を持って行かせた。ところが意外や、小はんは昭太郎の恋人あき子の姉であるということが分った。小はんは妹を一人前にするために斯う云う稼業をしているので、あき子が昭太郎の求婚を退けていたのもこのためであった。ところでこの時、妹芸妓小きんの注進で、亀造が春雨いと子にうつゝをぬかし、それがために小はんがぬれぎぬを着たのだということが分った。小はんは一策を案じ、洋装していと子に化け二人の仲を裂いた。亀造は、はと子のためにのされてしまった。一方、泉水のほとりで抱き合っているのは昭太郎とあき子、それを見ていたお月様がニヤニヤとお笑い遊ばした。

作品データ

原題
The Moon Was Silent
製作年
1954年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
67分
製作会社
日活

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?