アガサ・クリスティー サファリ殺人事件:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
アガサ・クリスティー サファリ殺人事件
アガサ・クリスティー サファリ殺人事件

アガサ・クリスティー サファリ殺人事件

1990年11月2日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アガサ・クリスティーの有名なミステリー「そして誰もいなくなった」を、舞台をアフリカのサファリに移して映画化した作品。製作はハリー・アラン・タワーズ、監督はアラン・バーキンショー、脚本はジャクソン・ハンシッカーとゲーリー・オハラ、撮影はアーサー・レイビスが担当。出演はフランク・スタローン、ブレンダ・ヴァッカロほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1930年代。東アフリカの村に謎の人物“オーエン氏”から招かれたサファリ客たちがやってくる。彼らを案内するのは白人ガイドのロンバート(フランク・スタローン)。べースキャンプに着いて休息する一行の前に、9人の招待客にロンバートを加えた10人の過去の罪を告発するレコードの声が聞こえてきた。不安におののく一行。オーエン氏とは一体誰なのか?しかしその直後、客の1人マッカーシーが倒れ、それを皮切りに客たちは“10人のインディアンが--”という童謡の歌詞そのままに死んでゆき、そしてその度にテーブルの上のインディアン人形の首が1つずつ消えてゆくのだった。互いに疑心暗鬼に襲われる一行。そんな中元判事のウォーグレイブ(ドナルド・プレザンス)が額を撃ち抜かれて死に、ベラ(サラ・モーア・ソープ)はピストルを持っていたロンバートを疑い、もみ合いの末彼を撃つ。しかしその時死んだはずのウォーグレイブが現われベラの首にローブをかけ、自らは毒をあおぐ。あわやという時、かすり傷で済んだロンバートの手がベラを抱き、やがてそこに救助の飛行機がやってくるのだった。

作品データ

原題
Ten Little Indians
製作年
1989年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ
上映時間
0分
製作会社
キャノン・フィルム作品

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?