疑惑の影:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
疑惑の影
疑惑の影

疑惑の影

1946年12月17日公開,108分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

監督は「レベッカ」「汚名」「白い恐怖」のアルフレッド・ヒッチコック。主演はニューヨークの劇場出身で、「ミニヴァー夫人」で助演女優賞をうけ「ヤンキースの誇り」でゲイリー・クーパーの相手役を演じたテレサ・ライト。助演は「恋の十日間」のジョセフ・コットン。1942年作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カリフォルニア州サンタ・ローザの町に住むニュートン一家は平和な生活を続けていたが、長女のチャーリーは家庭をもっと活き活きとしたものにしたいと思い、母の弟のチャーリー叔父に来てもらいたいと思っていた。当のチャーリー叔父は、ある犯罪のため身に迫る危険を知ってカリフォルニア州へ高飛びして、偶然にもニュートン一家に滞在することになった。一家は悦んで彼を歓待した。ある日、ジャック・グラハムとサンダースという二人の男がニュートン家を訪れて来た。彼等は政府の調査員として米国の中流家庭の調査に来たとのふれこみだったが、チャーリー叔父は彼等が探偵であることを見破り二人を避けていた。ところが、うっかり写真に撮られてしまい、彼は怒ってフィルムを奪った。そのただならぬ様子に傍らにいたチャーリーは怪しんだ。その夜チャーリーはジャックから、叔父はある殺人事件の容疑がかかっており、彼らはその確証を握りに東部の警察から派遣されて来たのだと言われ、協力を求められる。たが、叔父を信用しているチャーリーは、彼の申し出を固く断った。しかし叔父が破り棄てた新聞の記事に疑いを持った彼女は、早速図書館へ行き、新聞の綴込みを調べると、金持ちの未亡人を次々に殺害して金を奪った犯人が西部へ逃亡した形跡があり、目下厳探中であると書かれてあった。そして最後の被害者の名前が、叔父から土産にもらった指輪の裏に刻まれている頭文字と符合しているので、もはや叔父の犯罪を認めないではいられなかった。チャーリーは家族の名誉を守るために、叔父が捕縛される前に逃がそうと決心した。叔父に対して自分が総てを知っていると匂わせたり、証拠となるべき指輪を示して退去を迫ったが、叔父は平気な顔で滞在を続けるのであった。そして逆に自分の身の安全を計るために、事実を知っているチャーリーを殺そうとして、排気ガスを充満させたガレージに彼女を閉じこめたが、幸いにも彼女は助かった。そのうちに叔父は自ら出発すると言い出した。彼は町で知り合った金持ちの未亡人と密かに他所へ行く予定だったのだ。出発の日、見送りに来たチャーリーを、叔父は列車から突き落として殺そうとし、もみ合ううちに叔父は列車から転落してしまった。サンタ・ローザの教会で、彼の葬式が行なわれた際には、チャーリーとジャックは二人だけが知っている事実を胸に秘めて参列していた。

作品データ

原題
Shadow of a Doubt
製作年
1942年
製作国
アメリカ
上映時間
108分
製作会社
ユニヴァーサル映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?