台風息子|MOVIE WALKER PRESS
MENU
台風息子
台風息子

台風息子

1958年3月11日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

面白倶楽部連載の摂津茂和の原作を、八木沢武孝が脚色し、「曲馬団の娘」の小石栄一が監督、高梨昇が撮影した喜劇。主演は「曲馬団の娘」の江原真二郎、今井俊二、小宮光江、「娘十八御意見無用」の高倉健、それに佐久間良子。加えて清川虹子、立花良文、トニー谷、益田キートン、柳谷寛などが出演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

(修学旅行の巻)照彦通称ハリケン、鉄雄通称スウパア、一策通称ホラ策、いずれも一癖ある三人組をハリケーン・トリオと人は呼んだ。しかし、学校内ではそのバンカラな行為から、決して優秀な高校生の部類に入る存在とは目されていなかった。困ったことが持上った。大島行の一泊旅行の件だ。一泊旅行といえば楽しいことなのだが、先立つものは勿論金。貧乏人のスウパアには二千円の旅費がとても出せない。窮余の一策は照彦のお婆さん寵愛の猫を売りとばすことだった。見事成功したかに見えたが家へ逃げ帰った猫を追って犬猫屋の主人が駈けつけ真相が暴露された。が、お婆さんが猫の懸賞金と出した二千円はすでに照彦の手中にあり、てんやわんやの裡に三人は旅行に出発した。一同大いに青春の怪気焔を上げたが帰りの船の中で失敗をやらかした。船酔いをまぎらわすために、三人がウイスキーを鯨飲、泥酔してしまったのだ。ここにハリケーン・トリオは三日間の停学処分を受けざるを得なかった。(最高殊勲の巻)ハリケーン・トリオに課せられた三日間の停学処分はまさに拷問に匹敵するものだった。退屈の虫が又退屈してあくびをするという始末なのだ。三人合せて三百円では彼等でも如何ともなしがたい。ところが、場外馬券を買ったのが幸福の女神となって思わぬ金がころがりこんだ。自動車を借りドライブとしゃれこんだが、照彦はその座席に横文字の一杯書かれた書類の入れてあるカバンを発見した。カバンの持主マシアス氏から電報が届き、三人はホテルに向った。ところがそこに薬のパテントを狙う悪漢一味に囲まれたマシアス氏を発見、三人組の台風はここをせんどと吹き荒れ、悪漢一味を撃退することが出来た。マシアス氏を救助したことにより、ハリケーン・トリオは学校にめでたく復帰することになったのである。

作品データ

製作年
1958年
製作国
日本
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?