朱桜判官|MOVIE WALKER PRESS
MENU
朱桜判官
朱桜判官

朱桜判官

1958年5月11日公開,73分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

高木彬光の『大江戸吸血鬼』より、志原弘と赤司直が共同脚色し、「色競べ五人女」の加戸野五郎が監督、「女体棧橋」の平野好美が撮影したお馴染み遠山の金さんもの。主演は「天下の副将軍 水戸漫遊記」の坂東好太郎、「若君漫遊記 サタン城の魔王」の明智十三郎、「毒婦高橋お伝」の若杉嘉津子、「楠公二代誠忠録」の北沢典子。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

江戸は、押入り強盗、贋金造り、それに女の怪死体が続出という物騒な有様だった。それらは浪人からなる髑髏組の仕業と思われていた。さて、料亭花菱の芸者君奴は元勘定奉行の成瀬大膳にしつこく攻められているところを、遠山左衛門尉に助けられた。そこへ同心俊之介が、髑髏組の浪籍が両国であったことを告げに来た。そこには女の死体が累々としていたが、髑髏組の姿はすでにない。俊之介は、浪人に追われている娘を救った。医者玄斎の娘お雪だった。玄斎は一年前から行方が知れない。髑髏屋敷では、仮面の首領が、老中水野越前守が東照宮へ参詣の途中、数カ所に爆薬をしかけ彼を亡き者にしようと企んでいた。また、大膳はあいも変らず君奴をくどいていたが、二人がもつれ合っているうち密書を盗まれた。密書は俊之介から左衛門尉の手に渡った。それによれば、但馬守宛のもので、火薬を××河岸で送り渡すという。かくて北町奉行所は俄然色めきたった。髑髏組の首領が酒井但馬守、それに南町奉行与力笹山紋十郎、成瀬大膳も一味なのだった。俊之介は××河岸にそれらしき荷物を発見、あわせて彼らの本拠をつきとめた。左衛門尉を先頭に北町奉行所は総力をあげて髑髏組の本拠に向った。但馬守の魔剣と左衛門尉のツバメ返しの秘剣の烈しい一騎打ちも、やがて左衛門尉の一閃に但馬守が倒れた。紋十郎に捕えられ拷問を受けて来た君奴は、左衛門尉の腕の中で息をひきとった。

作品データ

製作年
1958年
製作国
日本
上映時間
73分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?